FC2ブログ

肌寒い春です

 10日間の連休中後半には、雷雨あり、ヒョウありの荒れ模様がつづき、いまだに朝晩の暖房が欠かせません。
天候不良が不気味に感じられる昨今です。
 そんな中、昨年まで3つだった山シャクヤクの白いつぼみが、今年は4つに増えていて、開花が楽しみです。
 繁殖期真っ只中のリスは、元気に動き回っています。
 最小のキツツキ、コゲラがらせん状に樹木を登っています。
 いつもと同じ春だと、自分に言い聞かせようとしていても、不安感がぬぐえないのは、何かがやはりちがうなと,
身体が感じるからでしょう。

 次回の、第99回ごはん会は、6月23日(日)午後6時からです。
                   りすママ

スポンサーサイト

三つの風物詩

 4月27日、富士桜が満開の日、折りしも南の国からオオルリが飛来して、その美声を森中に響かせていました。今回は、通過だけではなく、なんとか営巣までこぎつけて欲しいと願っていると、急に気温が下がってきて、わお、雪が降り始めました!
 4月の雪は、決して珍しくはないのですが、GW直前の雪は、想像だにしませんでした。さすが、積雪には至りませんでしたが、富士桜の薄いピンクと、オオルリの濃いブルー、そして雪の白が目の前に同時にある、思いもかけない景観!
 喜んでいいのかどうか? の一日でした。

おかげさまで、マスターの村議選立候補は、当選でしめくくることができました。応援してくださった方々、ありがとうございました。

 次回のごはん会は、5月6日(祭 月)午後6時からです。どうぞ、前日までにお申し込みください。

                              りすママ

give away ということ

4月10日の朝、山中湖平野では25センチの積雪がありました。
春になっての雪は、珍しくはありませんが、真冬に雪がなかったので、やはり驚きました。
 4月14日のごはん会では、隣村の慧光寺住職のスー族との出会いについての、体験レクチャーがありました。
なんと5歳の時に、テレビの西部劇で、白人と先住民の闘いを観てからずっと、アメリカ先住民族への関心を胸に
もちつづけられました。
 そして30代でスー族のリザベーション(居留区)でのホームステイを体験され、その非文明的な暮らしの中にある精神性
の高い文化を語ってくださいました。なかでも、give and take ではない、give away 、見返りを求めない、無償の行為で生き
る姿勢が、印象に残りました。

 うちのマスターが村議選4期目出馬のため、21日の投票日を控えて、あわただしい毎日です。
ゆっくり森を味わう余裕がなく、かといって、一日があっという間かというと、なかなかしぶとい時間の流れです。
 出馬したからには、当選してもらわないとなりません。勝手なお願いですが、お祈りください。

 次のごはん会第97回は、5月6日(祭 月)、午後6時からです。前日までにお申し込みください。

                            りすママ

せわしかった夕暮れ

 朝一番で、ムササビが302日ぶりに帰巣しました。その日の日没は17時54分とのことで、前後30分はウロを観察していないと、出巣を見逃すことになります。一日中そわそわ。
 わたしの勝手なのですが、出巣予定時刻と大相撲春場所の後半戦と時間が重なり、落ち着きません。ところが、そんな早い時間に「ほーほー」としばらくおいて、「ほろすけ ほーほー」とすぐ近くから聞こえてくるではありませんか! わあ、たいへん。ムササビとフクロウと、大相撲が重なりました。こうなったら、瞬時に優先順位を選択せねばなりません。
 後でビデオ観戦できる大相撲をまずは外し、フクロウを見ようと双眼鏡片手に外に出ました。すると、もう一度「ほーほー」と啼いて、薄暗い空をシルエットで横切る姿を確認、わあーすごい、ここに住んで43年、ついに肉眼でフクロウを見たのです。フクロウは、テラス前の枝に着地して、もう一度、「ほーほー・・・ほろすけ、ほーほー」と啼き、わたしが慌てて家に駆け込んだときには、すぐに飛び立ち、再びシルエットになり、森の奥へと羽ばたいて、遠くで「ほーほー」と啼いています。いつもは夜中に啼くのに、どうして?
 その間、ムササビは実にうまく出巣してしまいました。ムササビの天敵は、フクロウなどの猛禽類だそうですので、森の中での攻防は、甘いものではありません。
 飛んだフクロウの姿が目に焼きついて、せわしくも、感動した夕暮れでした。
 大相撲の勝負結果を見たのは翌朝で、ムササビは帰巣していませんでした。目の前のウロには、たったの一泊だったようです。

 次回のごはん会は、4月14日(日)昼の12時からです。5月からは、夕の6時からになりますので、お間違えのないように、お申し込みください。

                    りすママ

一気に春になりました

鳥のさえずりが盛んに聞こえはじめ、陽射しがキラキラしています。
1月から、富士桜の枝をめがけるウソの数が増え、3月になるとエナガの団体さんも、アクロバットを披露するようになりました。道路沿いで、ヤドリギにレンズを向けるカメラマンを、何度も見かけるものの、そのお目当てであるレンジャクにはついぞ、縁がありませんでした。それにしても、ヤドリギの美しい球体には、目を奪われます。
 先日、朝霧高原の先にある陣馬の滝に行きましたら、水量が極めて少なく、また、道志村の御正体山近くに住む友人宅前の沢もすっかり枯れていました。山中湖は湧水のおかげで、今のところ湖面の低下は見られませんが、降水量減少の影響は、当然そのうち現れるでしょう。
 山麓探偵団恒例の青空レストランは、あいにくの雨天で、屋内催行となりましたが、自然細密画家の木村修、奈保子夫妻の、野鳥の生態、骨格についてのレクチャーは、たいへん興味深いものでした。野鳥についての単なる学術的知識ではなく、同じ生き物、おとなりさんの暮らし方を知ることができ、豊かな気もちになりました。
 などと言いつつ、その直後に鶏のから揚げを、平気で頬張ることのできる自分たち人間に、呆れた日でもありました。

                 りすママ
 
 
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード