不思議の森のアリスたち

 映像カメラマンの伊藤浩美氏を団長に、13名で青木ヶ原樹海を歩いてきました。17年前に山麓探偵団をはじめて以来、何度も歩いてきた樹海ですが、一度として同じコースはありません。今回も、神座風穴、蒲鉾風穴、横型溶岩樹型など、人知れず奥に鎮座する洞穴周辺、時には道なき道のカラ松やホウ葉を踏みつつ歩き、たいへん気持ちのよい一日でした。
 最近の多雨で、溶岩上には多種多様のコケがみずみずしく広がり、そのミクロの世界には、思わずだれもが引きこまれてしまいます。ルーペで覗いてみると、コケの集合は実はなだらかで、美しい森だということがわかります。どこまでもつづくその森は、ルーペを外すと、今度は溶岩を覆うビロードの絨毯と化します。
 背を伸ばし、馬酔木(あせび)、鬼しばり、フデリンドウ、ハリギリ、五葉松(ごようまつ)などの植物を愛で、三十三歳(ミソサザイ)やコゲラの鳴き声に耳をすませます。
 腰が痛い、膝が痛いなどと言い合っていた13人には、それぞれとっておきの話があって、例えばヒメネズミがね、何度もベランダを横切ってエサを運んでいたとか、リスがちゃっかり鳥の古巣を食堂にしてたとか、ヤマネが布団の中で冬眠していたとか、テンはなぜあんな石の上の真中にフンをするのだろうね? とか、あはは、いや、それはさあ、あら、いやだ、あはは、などとだんだん皆は年齢を忘れ、通路式の洞穴をくぐって、ふと消えたりする人、思わぬ場所からひょこり現れる人もいて、まるで不思議の森のアリスたちのように、それぞれの時間を越えていきます。
 平安時代後期に、数年間にわたって寄生火山の噴火がつづき、その間ずっと溶岩が流れ、また数年間かかって溶岩が冷え、陥没を繰り返した後、100年間に堆積する土はわずか1センチという厳しい環境の中で育った奇跡の森、それが青木ヶ原樹海です。根をはるにも土のない溶岩に、必死にからみついて生き延びてきた樹木と灌木の、まさに命みなぎる森、樹海に行くたびそう思います。
 そして夕方に帰宅してから、ひとりでムササビの出巣と滑空を見届け、この世の時計の針に、いったい何を約束したらいいのか? と考えたりもしています。

                    りすママ
 
 
スポンサーサイト

3月下旬の雪景色

 3月25日の夜半から、ほぼ24時間降りつづけた雪は、山中湖で60センチの積雪となりましたが、さすが春の雪ですので、道路はすっかり開通し、森の中だけ真っ白という状況です。
 丸二日間、新聞も郵便も配達がありませんでしたが、ITやTVの情報、食料の備蓄もあり、近所の方々のご親切な雪かきもあって、下界とつながることができました。みなさん、ほんとうに、ありがとうございます。
 実は、ほぼ間違いなくムササビが出産し、出巣時間の変化を逆算すると、どうやら3月14日が出産日と推定されます。産後二週間、母親は出巣せず、いったいだれがエサを運んでいたのか不思議でしたが、3月28日の昨日より、日の入り後30分以内に出巣し、久々の滑空を見せてくれました。
 きょうも、母親は出巣直前まで一生懸命に子どもの世話をし、午後6時33分に出巣の際は、外敵から子どもを守るためか、ウロの入り口をしっかり巣材で塞ぎ、出巣、滑空していきました。エサを確保するためには、どうしても子どもに留守番させなくてはならない時期のようです。母性のきめ細かさに圧倒されています。
 子どもの姿は、瞬間的にちらっと見えるだけで、ものの本によりますと、出産後約50日でウロから顔を出すというので、もし引っ越しをせずにずっと、あみんのウロにいてくれたら、たぶんGW前あたりに子どもが顔を出すかもしれません。ちなみに、ウロは漢字で樹洞と書きます。
 夕方から、主婦が夕飯の支度もしないで、ベランダでひとりムササビの観察をしていると、森の下の方から何やら気配がして、ふと見ると3匹の鹿が、怪訝そうにこちらを見上げているではありませんか。「あなた、何してるの?」という、鹿さん独特の、あのあどけない目です。こればかりは、彼らに説明できませんが、ギャラリーの、そのまたギャラリーがいたなんて! ね!

                         りすママ

                    

           
 
  
 
 

無事に開店しました

 3月18日(土)、春の開店をしました。仲間展の展示もあり、賑やかではありませんでしたが、開店時から閉店時まで、どなたかが必ず店にいてくれた初日でした。
 ムササビもすでに8連泊で、意味深な滞在をしております。いずれ、ご報告できると思います。
 仲間展の微笑ましい作品に、みなさん笑顔になり、話題が広がります。
展示は4月9日までですので、どうぞお見逃しのないように、ご来店ください。

リス2匹、ムササビ、モモンガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ウソ、鹿、少なくとも本日、目で確認した森の生き物たちです。

尚、4月のごはん会は、仲間展の搬出をかねて、4月9日(日)午後6時からです。義援金500円とオカズ一品で、
前日までに申し込みをなさってください。

    りすママ

仲間展出品のおさそい

 まず本件に入る前に、ムササビ情報をお伝えします。2月11日に、目の前のウロに帰巣をはじめたムササビは、その後一日おきか、二日おき、ときには3日おきに帰巣し、決まって日の入り後20分で出巣し、しばらく樹上で葉を食べたあと、ミニ座布団になって滑空していきます。外気は冷え冷えですので、寒中観察者の気力が、試される数十分間でもあります。
 本日3月3日も、ただいま就寝中ですから、そのうち午後6時過ぎに出巣していくはずです。勝手で申し訳ありませんが、午後6時から7時くらいまでは、貴重な観察時間ですので、留守電設定にさせてください。

さて、今年も春の開店企画で〈仲間展〉を開催します。今からでも、どうぞ作品を随時搬入なさってください。
郵送の方は 〒401-0502 山梨県山中湖村平野1698 森の喫茶室あみん 宛 電話は 0555-65-7023
持ち込みの方は、店の玄関が24H開いておりますので、記名して置いていってください。

仲間展展示の期間は、3月18日(土)から4月9日(日)までで、最終日の夜に、搬出をかねたごはん会を催します。
みなさんのご参加をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。

                              りすママ

ムササビのその後

 2月11日、405日ぶりに帰巣したムササビは、しばらく一日おきに帰巣、出巣を少なくとも5回繰り返していたのですが、あの2月20日の大嵐の夜5時52分に出巣して以来、沙汰がありません。
 2月16日には、出巣してから滑空まで、約40分間を樹上移動し、4人のギャラリーを楽しませ、また2月19日には、ウロに運び込まれたかなりの量の巣材を確認したのですが、今はその巣材もありません。
 もし昨年末12月上旬に交尾が成功していたら、今は出産期なので、もしかして出産場所を探していたのかもしれません。
 毛の色が、茶色がかり、大嵐の最中に何度も顔を出した鼻先も、いつもより濃いピンクでした。木が大きく揺れていたので、普段はずっと寝ている昼間ですが、明らかに睡眠不足になったにちがいありません。あれでは、産気づいて、早産したかもしれないと、余計な心配をしています。

ムササビ(赤鼻)

次回のごはん会は、3月12日(日)昼の12時からですので、お申し込みください。

            りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード