さまざまな緑色

一月中旬から約2週間、マスターと冬季の旅をしてきました。20年ぶりのイスラエル、そして国境を越えてヨルダンにまで足をのばし、ナバティア人遺跡のペトラに三泊、ひたすら古代の道のりを歩きました。
 イスラエル南部やヨルダンの砂漠地帯では、アカシア、オリーブなどが砂地でもたくましく育ち、オアシスではナツメヤシ、イチジク、イナゴマメなどの大木が、心地よい緑陰をつくっています。
 テルアビブ市内の街路樹も、年季のある大木が多く、木陰のベンチではお年寄りの車椅子や赤ちゃんのベビーカーが、昼下がりをまどろみ、街の景観をなごませています。わたしたちも、旅の緊張からしばし解きほぐされるひとときでした。
 中近東の緑色が、砂漠の砂をかぶり、とげとげした葉先をもち、あるいは亜熱帯植物の分厚い葉であれ、やはりそこには緑の風がふき、人々は深呼吸しにやってくるようです。
 空に向かって潔くのびるのは、レバノン杉の独特の形と濃い緑色。
 そして、旅を終え、一面の銀世界を期待して山中湖にもどってみると、残念ながら積雪はありませんでした。落葉松、杉、ミズキなどの木々が、いつものようにテラスの向こうで、枝をはっています。
 ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラたちが、人影を見つけたのか、にぎやかにテラスに飛来してきます。「やあ、実はね、ちょっと出かけていました」
 地理的には、さまざまな緑色を目にして地球を半周してもどってきた自分たちも、46億年という地球の歴史にはなんの痕跡も遺しませんでした。
 地球上に森が現れたのが5億5000年前といいますから、緑色の歴史はまだまだ浅く、ましてや人間の出現もつい最近なので、膨大な地球の時間からすると、今回の移動はまったくの微細、微小にすぎません。
 ただ、内面にわずかに蓄えられた16日間の思い出は、しみじみと滲みでて、不思議な味がします。どうやら数値や数量には測れない味? そうだといいな、と願っています。
         
スポンサーサイト

森のお手紙が、またはじまります

 一年間休止していました、マスターの「森のお手紙」を、りすママが引き継ぐことになりました。月一回の更新をめやすに、おめもじとなりますように、なにとぞ、よろしくお願い申しあげます。
 しかし、このりすママ、メカにめっぽう弱く、デジカメの撮影すら満足にできないものですから、ネットに写真掲載の技術など、とても持ち合わせてはおりません。
 そんなわけで、どうか、わずかな活字から、イマジネイション力を発揮していただいて、あみんの森を思い浮かべていただけたら、さいわいです。

 さて、無事に三が日を終え、店は冬眠にはいりました。今年の三が日は、天候に恵まれたこともあって、連日温かく、にぎやかな店内で、おおいに和ませていただきました。
 恒例の箱根駅伝観戦も、新しい32インチの画面で、感動とため息とともに、盛り上がりました。箱根は、山中湖から車で50分と近いので、歓声こそ聞こえませんが、同じ寒気を共感できる唯一のスポーツ観戦だと思っています。
 毎年元旦には、ウソという首のあたりがピンクの、美しい鳥が桜の枯れ木に群れでやってくるのですが、今年は未だ目に入りません。声も可愛らしいので、やってくればすぐにわかるのですが、どうしたことでしょう? ウソという名に反して、とても縁起のよい鳥だそうですので、なんとか初見をと願っているところです。
 それに、大晦日まで、まるであみんのテラスがハブ空港のように、離陸・着陸・待機を繰り返していたヤマガラも、元旦になったとたん、ぱたっと飛来してこなくなりました。
 どうしたことでしょう?
しばらく様子をみることにしますが、一方、アオゲラ、コゲラなどのキツツキは、朝早くから鳴き声を森にとどろかせています。
 冬眠しない働き者のりすたちは、冬毛の耳をぴんと立てて、ときおり枝をしならせて走ります。
 昨秋の11月3日に、初雪があったこの森が息をひそめて待つもの、それは今年の初雪、わたしたち店の者も、同じ気持ちになりつつあります。
                                       りすママ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード