シルクロードへの旅

昨年の冬は、バックパッカーでヨルダン・ペトラを歩き、個人旅行の醍醐味にすっかり魅了された我ら夫婦。今年は、長年の夢だったサマルカンド(青の都)を中心に、ウズベキスタンを二週間、やはりバックパッカーで歩いてきました。
 旧ソ連から独立して、まだ21年目という国。民族的には、ペルシャ系、ロシア系、モンゴル系、トルコ系、朝鮮系、中国系、インド系など、言語もタジク語(ペルシャ語)、ウズベク語(トルコ語)、ロシア語が話される、たいへん多種多様な文化をもった国です。近年は、サッカー・チームで名を知られるようになったかもしれません。
 地図とガイドブックを片手に、飛行機、鉄道、タクシー、徒歩で、ウズベキスタン国内を約2000キロ移動し、かつてのシルクロードの一部をたどったわけですが、ロシア語もウズベク語もできないわたしたちは、身振り手振り、筆談を酷使しての、ほんとうに熱血勝負の毎日でした。幸い、山中湖という寒冷地に住んでいるため、零下10数度の外気の中も、体調を維持して歩くことができましたが、じっさい、どこまでも続く寒々とした綿花畑や貧しい農家のたたずまいを連日目にすると、とんでもない遠くに来てしまったと、緊張と不安にかられる日々もありました。しかし、道中出逢った多くの人々の笑顔や親切に励まされ、なんとか無事に二週間の旅を終えることができました。
 国境や言語を越えて、異文化にふれるのは旅の収穫ですが、今回は17世紀という時代にまで浸ってこられた実感があります。旧ソ連時代は、弾圧を受けていたというイスラム文化が見事に復活した地域では、携帯電話やインターネットこそ普及していましたが、お年寄りの日々の暮らし方(衣食住)が、300年前とそんなに変わっていないだろうという光景に何度も出逢い、いつのまにか自分たちもその世界を歩いていました。
 最終日、大都会のタシケントに再び降りたったとき、17世紀から一気に21世紀に飛び移ったような、まさに浦島太郎的感覚を体験しました。
 旅行距離の長さだけではなく、300年間の時差に体がついていくには、まだまだ時間がかかるように思いますが、店は冬眠中なので、あえて急いで現代にもどらなくてもいいかなって・・・・、こういうのは、やはり時差ボケの一種なのかなって? と混乱しつつ、洗濯と荷物整理をはじめています。

                                   りすママ
 
スポンサーサイト

極寒の日々

 12月が暖かったので、すっかり体が油断してしまい、連日の極寒に悲鳴をあげました。朝の外気温が、マイナス16度と公式発表されたので、その数字に脳が刺激されたのか、一層の寒さというか、痛さを感じます。
 水道管の水抜き、ボイラーの温度管理、食品の凍結防止(じっさい、ビールケースは室内で毛布をかぶっています)に、神経を使わなくてはなりません。
 しかし、それでも避寒地に逃げないのは、やはり山麓の冬の魅力が大きいからでしょうね。びりっと張りつめた外気の中を歩くと、なんだか身がひきしまり、ふたたび暖かいコタツにもどると、小さな希望に再会したようです。
 ヤマガラやシジュウカラ、ゴジュウカラは羽毛を膨らませ、落葉ですかすかになった森を飛びまわっています。コツコツコツと聞こえるのは、水浴びの水が凍っているから。氷を溶かして水を満たしてやっても、すぐに凍ってしまうのです。コツコツコツ、また凍っちゃったよ、とヤマガラが知らせます。
 夕暮れ時の富士山、きょうはうすいピンクでした。それがシルエットになるまで、じっと眺めて、それから夕飯の支度をはじめました。なぜか、寒さを忘れるひととき。
 冬毛になったリスが、耳をつんと立てて、テラスに遊びに来ました。秋に貯食したクルミを食べているのでしょうか? 
 今年こそ、胸が濃いピンクの野鳥、ウソに出逢えたらと桜の木を窓越しに眺めています。毎冬、当たり前のようにウソが飛来してきたのが、今になってはまるで・・のよう。

                                 りすママ

2011年の年明け

 気温は低めですが、積雪のないおだやかなお正月を迎えております。真っ青な空にそびえる冬の富士は、まさに孤高の美しさ。その山肌をピンクやブルー、うすいオレンジに染めながら、一刻ごとに姿を変え、無数の雲に翻弄されることなく、ひかり輝いています。
 大晦日、元旦、そして2日目と、おみえになったお客さんとのお話は、脚本のない舞台みたいに、粋でしゃれたひとときを生んでくれました。毎朝、幕が開くまでは、きょう一日の設定が、どういう役者の登場で、どういう筋書きですすむのか、まったくわからないので、喫茶店稼業というのは、楽しい反面、怖いときもあります。まさに出たとこ勝負の毎日、多くのことを学び、発見し、そして思い込みがうまく外れて、ふっとため息でも出れば、報われたということでしょう。
 みなさん、一年間ありがとうございました。あっさてから、約80日間店は冬眠しますが、また春には心機一転、お目にかかるのを心待ちにしております。
 この〈森のお手紙〉は、冬眠中も随時更新できたらと思っています。
 みなさんの年明けの平安を祈りつつ、80日間もぐりこむ暖かいウロを、さがしに出るとしましょう。では、まずは富士山をじっくり眺めるぜいたくを、しばし堪能することから・・・・はじめます。

                                   りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード