雪情報更新 その2

 雪情報更新を発信したその数時間後に、大雨がふり、大方の雪は消えてしまいました。
そんなわけで、2月25日夕現在、道路状況は◎です!
 しかし、数時間後、数日後はまさに未定ですので、この情報を鵜呑みになさらないで
ください。
 ほんとうに、あてにならない情報ですが、今後も随時発信しますので、足し算、引き
算なさって、移動なさってください。
 ちなみに、1月下旬に結氷した山中湖は、大波小波の春の光景になりました。ダイヤ
モンド富士のカメラマンたちも、引き潮のようで、ふたたび静かな湖畔になり、耳をすま
すと、野鳥たちのさえずりが、聞こえます!
                            

                              りすママ
スポンサーサイト

雪情報の更新

 さっそくですが、30センチの積雪と書いた翌日、かなりの降雪があり、山中湖畔の道路は、どうぞ下調べなさったうえで、お通りください。国道はほとんど問題なく通れますが、支線、私道、奥深い山道、坂道は凍結箇所が多々あり、スタッドレス・タイヤでも、4WDでない限り、危険に遭遇するかもしれません。チェーンがあればだいじょうぶというわけではありませんので、なにとぞ、無理のないよう、雪道を移動なさってください。

                                     りすママ

                           

久々の雪景色

 2月10日からふりはじめた雪で、山中湖畔もすっかり真っ白になりました。積雪は30センチ弱なので、高速道路も湖畔道路の交通も、2月14日現在、なんとか動いています。しかし、怖いのは凍結ですので、みなさんどうか雪対応のタイヤでゆっくり移動なさってください。
 無理は禁物ですので、延期できるドライブや買い物、チョコレート配達は、どうぞ道路が乾いてからになさってください。
 我が家は登り坂の上にあり、この時期はしばし陸の孤島になりますが、それでも近年は新聞屋さんも郵便やさんも宅配やさんも、がんばって配達にきてくださるので、恐縮しています。
「登りはいいんですが、下りがねえ」と、心配顔の運転手さん。こちらも、どう励ましていいのか、「お気をつけて」以上のことは、なにも申せません。
「だいじょうぶですよ」なんて、無責任なことは、自分にも言えないですからね!

                                りすママ

比較のしわざ

 かつて、ニュースで見たことがあります。マイナス20数度あたりに慣れている旧ソ連市民が、気温上昇でたまたま摂氏0度になった午後、こぞって水着を着て、黒海沿岸のリゾート地あたりで、日光浴をしている光景。おどろくのは、日本人ばかりではないと思いましたが、これはじっさいに有りうるなと納得したのは今朝でした。
 湖が結氷し、ここ数日マイナス10数度を体験していた山中湖畔、今朝はなんだかポカポカして、まるで春の到来かと錯覚しそうな平和な寝起きでした。しかし、寒暖計を見ると、りっぱにマイナス8度。例年の冬でしたら、寒さにふるえる朝にまちがいありません。
 つまり、体が感じる適温というのは、あくまでもそれまでとの比較によって、感じ方が大きく変化するものだと、あらためて知ったわけです。ポカポカといっても、まさか水着で日光浴とはいきませんが、それでもきょう一日、鼻歌まじりで掃除ができそうです。背中のホカロンが、熱く感じるのですから、やはり暖かいのでしょう。
 さあ、うまくこのまま二月がすすむわけ・・・・ありませんよねえ。ということは、いずれ近いうちに、ちょっと気温がさがっただけで、コタツに逃げこむ朝がかならずやってくる・・・・はず。
 その覚悟だけで、ちょっと肌寒く感じるのも、その比較の法則によるものかもしれません。自分の頭をちょっと騙すか、寒暖計の目盛りを操作して、寒冷をのりきる方法を考えるほど、ヒマではありませんが、なにかチャーミングなアイデアはないものかと目をつぶる、摂氏わずか2度の、うっとりする午後です。

                                 りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード