冬季ごはん会のお知らせ

 この冬季は、チャリティごはん会を昼にします。
1月29日(日)午前11時半から午後1時半まで
おかず一品と義援金500円で参加を募りますので、昼食をごいっしょしましょう!
ご参加の方は、前日の夜までにお電話ください。番号は、0555-65-7023です。
 なお、車のタイヤはスタッドレス、4Wでいらしてください。

                  森の喫茶室        あみん
スポンサーサイト

〈アラビアのロレンス〉完全版

 なんと、今から50年も前につくられた〈アラビアのロレンス〉は、あのピーター・オトゥール、アンソニー・クイーンの若き日を、なつかしむだけでも価値がある名画です。すでに何度も観たのですが、年末に完全版3時間50分がBSで放映されるというので、さっそく録画、年明けに再生してじっくり観ました。
 8年前に、この映画のロケ地であるモロッコの要塞アイトベンハドゥを訪れ、また2年前には、イギリスの軍人ロレンスが80年前に目指したアカバにも立ち寄りましたので、映画そのものに一層の思い入れがあります。
 3時間50分はあっというまでしたが、けっして英雄伝ではない、歴史上の一角をすくい取った映画の人間観に、うたれました。人間のあからさまな欲や深層を見せられて、空しさは拭えなかったのですが、こういう現実を知ることは、たいへん大事なのだと痛感しています。
 非暴力であるとか、隣人愛であるとか、理想はいくらでも言えたり書けたりしますが、じっさいにそれを実践できるかと追い詰められれば、哀しいかな、ロレンスが最後に自らの矛盾に気づいたように、ひとりひとりが大きな真っ暗な闇をかかえている事実を認めざるをえないようです。広大で不毛、生活や旅に困難な砂漠そのものが、人間の内面に重ねられる手法、名画とはこういうものだと、鑑賞後すでに何日もたつ今も、赤い砂漠の色が褪せません。
 かつては、店の冬眠中にレンタルビデオ映画を60本近くも観て、毎日が興奮と喝采の日々でしたが、今は自分の年齢にも応じて、数少ない映画を味わう、雪窓の日々であります。

                                     りすママ

エナガの団体さん

 エナガという野鳥をごぞんじですか? シジュウカラよりひと回り小さく、ぷっくりしたピンクのお腹に、アイスクリームのスプーンのようなぴんとした尾、とてもとても可愛らしい。にぎやかなのは、いつも群れで行動しているからで、まるで通学電車の中の女子高生みたい。ペチャクチャ、キャッキャ、チュチュ、木から木へと落ち着きがなく、アクロバットで枝にぶるさがったり、枝とともに宙返りしたり、とんだりはねたり、と思ったら、もう次の木に移動しています。
 極寒の午後、桜の木にエナガの団体さん到着! その一羽一羽の動きに、時間を忘れ、しばし見とれてしまいました。たった数分間でしたが、なにかが報われる、なにかが洗われる、きわめて心地よいひととき。
 団体さんは、まるで旅芸人みたいに、つぎのお座敷にとんでいってしまいました。近いうちに、また巡回してもらいたいなと、フリースに綿入れを着て、毛糸の帽子をかぶったおばさんは、コタツから手を出すと冷たいので、目配せだけで彼らを見送りました。
 後になって、せめて片手だけでもふればよかったと、両手の手袋を見て、反省しました。
                                りすママ

三が日の楽しみ

 毎年、お正月の三が日は店を開けています。今年は、元旦が日曜日だったおかげか、昼前から夕方までずっとお客さんがみえ、二日も三日もおかげさまで、ほぼ満席でした。
 そんなわけで、外気は零下でしたが、室内はぽかぽかで、久しぶりの再会もあり、たいへん充実した時間でした。
きょうは冬眠初日、寒いので、年末から延期していた大掃除を、さらに延期と決め込んで、ずっとコタツで読書。至福の一日でした。明日は、年賀状をゆっくり拝見しようと思っています。
 まずは、新年のごあいさつ、おめでとうございます。たがいに、限りある命ですが、悔いのない一年でありますように。

                                        りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード