時差のゆらぎ

 ウズベキスタン内のシルクロードを、16日間かけて旅してまいりました。タシュケント、サマルカンド、ブハラの三地点は、実は二年前にも訪れたのですが、今回は名所旧跡よりも、そこに暮らす人々にふれあう目的で、出かけました。ロシア語も、ウズベク語も、タジク語も全くわからないのですが、ウズベクフレンズという旅のサポート・サイトのきめ細かいご手配と、三日間だけお願いした日本語ガイドさんのご協力で、さまざまな人々に出逢い、前回よりずっと、現地の暮らしに近づけた感動があります。
 現地の外国語大学の日本語授業に飛び入りさせていただいたり、各地のユダヤ教会を訪問したり、日本人墓地やユダヤ人墓地に墓參したり、喫茶店でゆっくりお茶したり、現地で働く日本人数名にお目にかかったり、毎日が予想以上のご縁で展開していき、まるでNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」みたいな道中で、ほんとうに実り多き16日間でした。
 事故や事件に遭遇することなく、無事に山中湖に帰宅しました。荷をおろし、荷をほどきつつ、自分がすでにシルクロードにいないことを次第に認識していく中で、荷から取り出した目覚まし時計の針だけが、依然として4時間前の現地時間を指しているのに気づきました。
 自ら目覚めない目覚まし時計は、大事な仕事を忘れているのに平気の平ちゃん、すまし顔で午後3時20分を刻んでいます。眠ったふりして、まだまだずっと、あの世界にひたっていたいのでしょうね。
 だからわたしも、今急に日本時間に合わせてしまうと、自分の旅の思い出まで消えてしまいそうで、時計の針をしばらくそのままにしておきました。
 
  ねぼすけな目覚まし時計がくれた
  思いがけない4時間前のひととき。
 時差のゆらぎを味わう 
  いくらか未来の今 
  


     http://www.facebook.com/matatabinosora
       

                             りすママ
 
スポンサーサイト

マイナス14度の体感度

 新年あけまして おめでとうございます。
三が日営業、そして本日6日東北義援のためのごはん会も終え、しばらく冬眠いたします。
 連日、マイナス10度から14度を体感し、まさに冷凍庫の中で暮らしているようなものです。朝食にヨーグルトなど、とても冷たくて喉に通りませんので、ひたすら温かいコーヒー、お茶などで両手を温めております。起床後一時間は、部屋が冷えきっているため、息が白くけむります。
 お風呂に入っているときは至福ですが、一旦タブから出ますと、超高速で体を洗わなければなりません。さらに、湯上りタオルの冷たいこと。お風呂に入るのも、命がけ。
 二年ぶりに旅に出る予定ですので、1月下旬まで、しばらく森のお手紙をお休みします。よりによって、山中湖と同じくらい極寒なウズベキスタンを、再び歩いてまいりますので、どういう状態で帰宅できますことやら・・・・
 登山ではないので、遭難の心配はないと思いますが、元気で、そして正気で帰宅できますよう、一昨日は、富士北口浅間神社に旅の祈願をしてまいりました。浅間神社の境内も、おそらくマイナス8度くらいだったでしょう。立ち止まると寒いので、だれもが皆、手足なり口を動かしていました。野鳥やりすたちの、冬毛がうらやましい朝でした。
 冬毛はありませんが、バックパックの暖かみをたよりに、では、行ってまいります。

           りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード