上下巻のいきさつ

 店の合間の読書には、重すぎず、長すぎず、難しすぎずの3条件を満たす本を選ぶことにしています。店をはっている以上、お客さんがみえたとき、自分の頭が物語の中にどっぷりつかっているわけにはいかないからです。登場人物がさっと隠れて、店のモードにすぐに切り替わるには、それなりの選書力が要されます。
 それで、避暑にきている母といっしょに村の図書館に足を運びました。20分くらいのあいだに、たがいに数冊選んで、借りることにしました。静かな図書館の中は、まるで本の森みたいだとは、うまく言い当てたものです。さまざまな種類の無数の木々の間を歩き、森林浴まで楽しみながら、本を手にとってカウンターに向かいます。
 わたしは、ねらった本が下巻しかないので、仕方なく他の本を選びました。
 母も、数冊選んで、借りたようです。
 そして、帰宅してそれぞれの本をバッグから取り出しましたら、なんと、わたしが借りたかった本の上巻を、母が借りているではありませんか! こんな偶然あるでしょうか、そしてわずかな確率をこえて借り出された、大きな森の中の細い木一本に、じっさい、おどろきました。
 ところが、次の瞬間、そのおどろきは、すぐに笑いにかわりました。なぜって、その書名が、自分たち母子の大好物に関わっているからです。「うどん」が書名にあるので、食いしん坊で昼食前だったわたしたちは、その本に手がのびるのはいわば当然で、高い確率だと気づいたからです。
 あれから三週間、わたしはすでに上下巻を読み終わりました。ときどき、自分がはっているのが、喫茶店なのか、うどん屋なのか、混乱するほど面白い読書でした。
 コーヒーの香りに浸かりながらも、かつおぶしの香りにさそわれて読書するなんて、思いもよらぬ粋で、ぜいたくな三週間でした。
 さて、ところで、うどん屋をはる人は、店の合間にどんな本を読むのか? これは、うどん屋の物語を読んだ限り、店の合間には、ねぎを刻んだり、しょうがをすったり、読書どころではないことが、よくわかりました。

 うどん屋以外の商いの合間に読む本   重松清著「峠うどん物語」上下巻 おすすめです。

            りすママ
スポンサーサイト

単数の不利        

 たとえば、豆やモロコシの種を蒔くとき、ひとつの穴に、たいてい二個以上の豆やモロコシを落とします。科学的には、単数より複数の方が芽の出る確率が高い(つまり、ひとつが出なかった場合、ふたつめの芽が出る可能性がある)たしかにそうかもしれません。
 でも、豆だってモロコシだって、一粒でいるより、二粒でいる方が、相憐れみ、心強くなって、生き生きするかもしれないでしょう? 
 同じことが、ヌカ漬けで証明できました。きゅうり一本漬けるより、複数で漬けた方が、じっさい美味しいのです! なにも、単数が独身で、複数が夫婦だと、短絡的に言っているのではありません。
 独身者でも、おおらかな間口をもった人をたくさん知っていますし、夫婦者でも、それぞれが狭量な人はかなりいます。
 世帯の形ではなく、内面的に他人とどうやって関わって暮らしているか、その質によって、人格や暮らしの幅が大きくも、小さくもなるように思います。
 もともと、単独で生きることはできないので、少々きゅうくつな時もありますが、思いきって複数で穴に入ったり、ヌカに漬かってみませんか! 
 この夏、一本のきゅうりから、こんなことを学びました。

               りすママ

雨が降ると

 春はかなりの数がいたのですが、この二ヶ月間、野鳥の数が,めっきり減っています。テラスから見る森の景観が、あれっ? という、なにかすっぽかされた印象にちがいありません。
 拙店の看板でもあるヤマガラや、シジュウカラが、ほとんど飛来しないのですから・・・・
 ところが、雨が降ると、とたんにシー、シーとヒナの声が響き渡ります。天敵の少ない雨の日に、巣立ったばかりのヒナが、エサを求めて飛び交うのです。シー、シー、シー、雨音に紛れて、ヒナの自立がはっきりと見えます。やせ細って、産毛がモニャモニャのヒナたちが、必死にエサをついばみに来ます。
「さあ、もっと食べなきゃ」お節介おばさんの出番です!
 雨が少ないと、飛び交う頻度が限られて、ヒナはなかなかエサにありつけないので、今夏の少雨には、たたられているにちがいありません。それらの条件を考え併せても、今年は、野鳥の絶対数が、激減している、認めなくてはならない事実です。
 理由はわかりません。震災後は、まる一年少なかったですが、昨年(つまり、震災の翌年)は、りすも野鳥もムササビも、みーんなもどってきてくれましたっけ。
 ところが今年、なぜか、元気なのは、今のところ、りすだけです。


 8月のごはん会は、8月11日(日)夕方6時半からですので、申し込みは前日までにお願いします。オカズ一品と東北への義援金500円でご参加ください。
                    

              そんなわけで、わたしも元気です!   りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード