ホトトギスの声

 毎年のことですが、GWの前半はあんなに暑かったのに、梅雨にはいると、とたんに寒くなるのが、富士北麓の今です。わたしたちはまだ、半袖などで過ごすことはありません。
 ホトトギスの声がにぎやかですが、春ゼミは啼いても、すぐに止んでしまいます。気温が下がるからですね。
 先日、第44回のチャリティごはん会を、忍野村の慧光寺さんで13名の参加をもって行うことが出来ました。新しい本堂落成、ほんとうにおめでとうございます。
 7月のごはん会は、いずれこのコーナーでお知らせする予定ですが、たぶん、中旬以降になると思います。

 6月28日(土)は、戸高雅史さんを団長に探偵団の野宿一泊。
 7月6日(日)の夕方からは、第二十回楽器もちよりライブ

 大事なイヴェントがつづきますので、ぬかりのないように、身をひきしめているところです。天候は、ひきしめようがないので、祈るしかありませんが。

                                りすママ
スポンサーサイト

二匹のムササビ

 18日ぶりに帰巣したムササビの滑空を観察した夕暮れ。日入りの20分後の午後7時15分に出巣を見送った後、ウロにはもう一匹の目がふたつ光っています。まあ、たいへん、赤ちゃんでしょうか? パートナーでしょうか? しばらくずっと観察していると、さらに15分後の7時30分に、二匹目が出巣していきました。赤ちゃんではなく、どうやらパートナーにちがいありません。年に二回ある繁殖日(6月と12月)に納得です。
 その翌朝も、二匹がちゃんと帰巣しています。せまいウロに、ちょっと毛色の異なる二匹が寝返りをうっています。大きさも異なるようです。
 三日前に巣箱から巣立ったシジュウカラのひなたちも、森中をシーシーいってとびまわっています。世代交代、命のバトンタッチとくくってしまえば、そういうことなのでしょうが、となりに暮らすものからすると、自然界のなにか凝縮したエネルギーを感じる昨今です。

                          りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード