晩秋の音

 NHKのラジオ番組で、「音の風景」という短いコーナーがありました。今もまだあるかもしれませんが。
村や町の一角で収録されたさまざまな雑踏、電車や自動車の音、祭りの音などだけが流れて、解説はありません。音を耳にして、それぞれの風景、街の活気が目にうかんでくるのが、おつなひとときでした。
 今、この小さな森の中にいますと、雨音に交じって、ゴジュウカラ、カケス、アカゲラ、ヤマガラの鳴声、最後の枯葉の落ちる音が聞こえます。特別な音ではありませんし、なにか風景がうかんでくるというわけではありません。はたして活気があるのかないのかも、よくわかりません。ただ、当たり前の晩秋の音がして、そっと胸に落ちていくのが心地よいひとときです。こういう時間が至福です。
もちろん、なにもしていず、ぼおっとできるのも至福です。

                          りすママ
 

 
 
スポンサーサイト

えっ? ムササビ展ってなに?

 うちの店内には小さな掲示板があり、絵の展覧会、コンサート、映画、シンポジウムなどのお知らせを貼って、広報のお手伝いをさせてもらっています。集客まではなかなか望めないとしても、団体や作品の名前を少しでも知ってもらうには、こういう地道な方法が必要かもしれません。
 ある一枚のハガキを貼ってしばらくすると、だれもが一様に同じことをきくようになったのです。「ムササビ展ってなんですか?」 たしかに、うちではムササビは熱い話題の主ですから、そう読まれても当然なのですがね。
 そして、読み違いだとわかると、みんな同じように笑うのです。もちろん、自分たち店の者も、読み違えているので、可笑しさは倍増します。
 山梨県内に住む、某美術大学校友の作品展の名称なんですが、ほんとうに、まぎらわしい!
  
 ムサビ展  11月26日から30日まで、山梨県立図書館にて

 お近くの方、どうぞ、足をお運びください。

 11月のごはん会は、11月30日(日)夕方6時からです。こちらもどうぞ、お忘れなく。もしかして、ムササビが帰巣していれば、滑空も見られるかもしれません。

                            りすママ 
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード