雪のない年末

 今年は、例年にない寒さの12月ではありますが、雪のない年末をむかえています。極寒の中でのもちつき、みなさんごくろうさまでした。戸外での立ち仕事は、がまん会のようでしたね。
 おかげさまで、年内の営業は終わり、1月は元旦、2日、3日と店をはって、1月4日から3月20日まで冬眠にはいります。2日、3日の箱根駅伝、ごいっしょに応援しましょう!
 

  カケスがきょうも、どんぐりをついばみに来ています。

  3月のオープン時には、恒例の仲間展を開催しますので、作品の制作および搬入も、今からお願いしておきます。
  店のドアは、365日開いておりますので、お名前と作品名を明記して、置いてくださってもかまいません。

  一年間、ありがとうございました。 では、よいお年をお迎えください。

                                               りすママ
スポンサーサイト

片割れは、いずこに?

 いよいよ寒くなったので、手袋をはめようとしたら、片方しか見つかりません。タンスの引き出し、押入れ、店のカウンターの中をいっしょうけんめいに探しましたが、まったく見つかりません。あきらめかけたころ、引き出しの奥にやっと、もう片方を見つけました、ああよかった、と思って、さて出かけようとしましたら、はじめにあった方の手袋がどこかにいってしまいました。そんなわけで、右手は古い手袋、左手は新しい手袋で出かけました。帰宅して三日もたちますが、はじめにあった手袋は、まだ見つかっていません。いったい、どこにかくれてしまったのでしょう? こんなことなら、はじめにあった手袋を、まず片手にはめてから、もう片方を探すべきでしたねえ。
 ソックスを洗濯し、干して、とりいれるとき、なぜか片方のソックスが行方不明。こういうことが長年続くので、最近は同じ色で、同じ柄のソックスを買うようにしています。そうすれば、片方がなくなっても、なんとか組み合わせられるからです。でも、どういうわけか、足数がへっていきます。洗濯機の排水にまぎれるわけはないので、干したとき、風にとぶのでしょうかねえ? りすが帽子代わりにしていたら、ちょっとうれしいのですが。
 ジャムや佃煮のビン、密封容器のふたが、いつのまにか、サイズちがい。ビンの口に大きすぎるふた、密封容器に小さすぎるふた、どうしてこう、相棒がいなくなってしまうのでしょう? 十個も二十個もあるわけではなく、たった数個なのに、洗って干している間に、相棒が行方不明とは、ほんとうに情けなくなります。それにしても、世の中にはなぜこんなにサイズの異なるビンや容器がつくられているのか、あらためておどろきます。再利用しようとするたび、再会できないふたと容器がうらめしそうに残って、その数がふえていくのです。はじめはたしかに、相手がいたはずなのに。
 こういう不思議、みなさんのご家庭ではありますか?

 次回のごはん会は、来年の1月4日(日)昼の12時半からです。店の冬眠初日ですので、どうぞ安眠妨害にいらしてください。申し込みは、前日の昼までにお願いします。

                               りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード