自分にとって〈旅〉とはなにか?

 毎冬、10日前後の旅をしてリフレッシュしますが、あらためて旅とはなにかと考えますと、芭蕉のいう、「月日は百代の過客なり」という大きなくくりとは異なる定義がうかびます。つまり、旅先で、目にしたり耳にするものは、自分にとってあきらかに非日常のものたちです。ところが、自分が初めて目にする川や滝、久々に訪れる神社や仏閣、歩く路地や出会う人々の営みは、現場にとっては日常そのもので、おそらく日々繰り返されている風景であり、ふつうの日課なのでしょう。
 角田光代という若い作家さんが、ある雑誌のコラムで、長距離列車に手をふる子どもたちは、知らず知らずのうちに、自分たちの日常から、旅人の非日常に向かって、羨望をこめて手をふっていると分析描写していましたが、そのとおりだと思ったことがあります。
 わたしたちは2011年と2013年に、中央アジアのサマルカンドからブハラに向かう同じ路線の鉄道に乗車したのですが、その汽車はほぼ3時間ずっと、草原を駆け抜けます。かつてのコルホーズのなごりであろう、区画された綿花や牧畜をなりわいとする集落の脇を通るのですが、かならずといっていいほど、幼い子どもたちや老人たちが、線路脇に立って手をふってくれるのです。中には、汽車を横目で見ながら、地平線を背にしていっしょに走ってくれる少年もいます。寒々とした農村を駆け抜ける、日に数回の汽車の通過時間が、彼らの日常にくみこまれているのを、わたしは熱い思いをもって知ったのです。集落には、繋がれた家畜や風になびく洗濯物、汽車には目もくれずに腰をかがめてたち働く婦人たちの姿も見えます。そして、わたしも、ほこりにまみれた車窓から、子どもたちや老人に手をふってみる、これもまた一期一会の味のひとつとなりました。
 自分の非日常と現地の日常の接点を感じるのが旅なのかもしれない、冬の紀伊半島からもどって早一ヶ月、予想以上にリフレッシュした自分の日常がありがたく感じられます。

                           りすママ
 
スポンサーサイト

雪道の効用

 ウインタースポーツでないかぎり、雪道を歩いたり、車で走ったりするのは、スリップの危険性があるので、敬遠してしまいます。でも、雪道だったために、命が救われたという話も耳にします。たとえば、青木が原樹海の売店に立つ店員さんが、挙動不審な観光客(多くの場合、自殺企図者は単身で、カメラをもたず、軽装で、きょろきょろしているそうです)に気づき、危ないなとぴんときても、接客が忙しいと、なかなか店をはなれられないのですが、雪道であれば、少し時間がたっても足跡を追い、じっさいに樹海の奥に入っていく企図者を保護したということです。
 また、雪山の迷子の捜索でも、足跡は確実な証拠なので、遭難にいたることなく、登山者は無事に保護されたという話もいくつも聞きました。
 以前、どこかに書いた記憶があるのですが、山麓探偵団で雪の森の中を歩いたときとのこと、ちょっとはなれた二本の木の間に、ネズミの足跡が二種類ありました。ネズミはシッポの跡も残るので、どちらが往路で、どちらが復路かもはっきりします。つまり、その二種類の足跡は、同じネズミが二本の木を行き来した証拠でしたが、そのうちの片方の歩幅が、明らかに広いのです。すかさず、だれかが言いました。「何かを期待して飛び跳ねるようにたどりついたのに、たいした成果もなく、がっかりしてトボトボと元の木の根元にもどったのか、それとも、たいした期待もなくトボトボととなりの木に行ったら、なにかステキなことがあって、飛び跳ねるようにしてもどったか? どっちかね?」そこにいた人間さまの顔が、一様にほころんだひとときでした。
 平原の真ん中では、ウサギやキツネの足跡が交差していて、といってもかなりの時間差があり、けっして混んではいないけど、小動物たちが、対面することなくも行きかう様子が、見る者にはほほえましく感じられました。わたしたちのスノウシューの足跡は、彼らの目や嗅覚には、どのように認知されているのか・・・・少なくとも、森の秩序からは外れているだろうなと、苦々しい想像をすることになりました。

 次回の第49回ごはん会は、3月1日(日)昼の12時半からです。前日の昼までにお申し込みください。

                             りすママ

やっぱり二月

 昨年に見舞われた大雪の学習効果で、山麓探偵団の「青空レストラン」の予定以外は、ゆるめゆるめの二月カレンダーにしていました。はたして、二月にはいったとたん、積雪になり、「青空レストラン」は、「雪上レストラン」になりそうです。そして、旅を終えたわたしたちは、凍った雪道の合間をぬっての小さな移動や、終日のコタツごもりがはじまりました。
 サーモンピンクの蛍光色のような胸元をもつウソが数羽、早くも桜の花芽をつつきに飛来し、シジュウカラは競ってひまわりの種をついばみます。カケスは我が物顔でどんぐりをくわえ、近くのやぶには、カシラダカが羽毛をふくらませて午後の陽ざしを浴びています。冬眠しないりすは、灰色の冬毛をたて、すっかり葉を落としたカラマツの木登りに忙しそうです。声はすれども、姿をみせないのは、ムササビだけ・・・いったい、どこのウロにいるのやら?
 雪がふりはじめると、湖畔を走る車の音や、村の喧騒が吸収されてしまうようで、しーんと静まり返るのが、まさに二月の風物です。その中での読書は、時間も空間もとびこえて、一気に本の世界に。やめられません。

 2月12日の山麓探偵団・雪上レストラン、まだ若干のお席があります。10日までに、お申し込みください。
2月12日(木)午前10時 ペンションまりも集合
「ペンションシェフによる温かいランチと、食後の雪遊び」
 参加費 1800円(昼食代、保険代)
 持ち物 防寒着、敷物、水などの個人用飲み物、任意でストック、スノウシュー、そり、

                       りすママ
 
 
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード