満喫のライブ

 8月20日、午後4時に店を閉めさせてもらって、山中湖畔にある録音スタジオで行われた〈尺ペラーズ〉尺八、ピアノ、ギター、ヴァイオリンの演歌ライブにまいりました。中島みゆきの「糸」からはじまって、「ウイスキーがお好きでしょう」「ハナミズキ」「与作」「風の盆恋歌」「ルパン三世」「赤とんぼ」「川の流れのように」などのすばらしい演奏で、まさに真夏の夕の清涼剤と感じ入りました。あらためてプロのミュージシャンに大拍手です! 60代3人のおじさんたちに交じって、たった一輪の美しい花を咲かせてくれたヴァイオリニストの梅本加奈子さんに、満席の観客から熱い視線が送られました。
 来年もぜひライブをと、今からこころ待ちにしています。

次回のごはん会は、9月4日(日)午後6時から拙店で行います。オカズ一品と義援金500円でご参加ください。申し込みは、電話0555-65-7023か、当店のメールアドレスに、前日の夕方までにご連絡ください。

                  りすママ
スポンサーサイト

短い夏

 ヤマガラの飛来数がいくらか増え、シジュウカラのヒナも時折り来るようになりました。このまま、少しずつ増えていってくれたら嬉しいです。6月上旬に巣立ったアオゲラの声が聞こえるたび、ついつい「元気でいるかあ?」と、問いたくなってしまいます。
 一日の大半を、森に住む生き物たちとともに過ごすのは、夏のだいご味。秋になってガラス窓を閉めますと、途端に距離感が出て、冬になってテラスにテーブルを出せなくなると、思考も会話も、さらに人間中心になります。野鳥たちの、なつかしい逸話や、噂話をしたりして。
 山麓の短い夏には、こうして夏の音、夏の声が直に耳に届き、ありがたい時間の流れです。りすのクルミをかじる音が森のあちこちから聞こえ、テニス合宿の掛け声にさえ、生き物たちの活気を感じます。初来店のムササビファンのお姉さんと、しばしムササビ談義をしたのも、まさに夏ならではのサプライズでした。ふたりで森に向かい、当のムササビに聞こえるように話したつもり。

 17日の映画会「家族の軌跡」には、計60名の参加があり、映画監督の大西暢夫氏の飛び入りもあって、有意義な企画を全うすることができました。みなさん、ほんとうにありがとうございました。
次回のごはん会は、たぶん9月になると思いますが、決まり次第このコーナーでお知らせいたします。
 
 地元の小中学校は、寒冷地のためすでに来週から新学期がはじまり、文字通りの短い夏が終わろうとしています。4月中旬に東南アジアから渡ってきたキビタキ、オオルリたちも、あと二か月で帰郷予定。 クルミの葉は、早くも黄色になり、落葉しはじめていますし、あまり美しいとはいえないカケスの鳴き声も、早朝よりさかんに聞こえます。
 短い夏の終わりには、しばらく休止していた店内のBGM選びをするのですが、毎年木管楽器からはじめて、そのうち鍵盤楽器や弦楽器に移行します。やはりしばらくは、鳥の声や風の音が名残惜しいからでしょうね。

                 りすママ

夏本番!

 おかげさまで、拙店テラスは連日涼しく、たまに買い物に出かけると、下界の暑さにおどろきます。
スポーツ音痴なので、オリンピックはよくわかりませんが、その関連で、ブラジルの様々な文化や地理、歴史には目が開かれる思いです。
 明らかに少ない野鳥の中で、珍しいハトやイカルが頻繁に飛来して、なんなんでしょうね? ヤマガラやシジュウカラは、どこへ行ってしまったのでしょうか? 
 真夜中、ムササビやモモンガの鳴き声がして、思わずにこにこ。まるで、いい夢をみているようです。

                                 りすママ
                    
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード