紅葉の足踏み

 紅葉は、なかなかすすまないようです。なぜなのか? 雨が多かったとか、気温が高いとか、理由らしきものは聞きますが、
自然界の動きはよくわかりません。
 繁殖を迎えたシカは、朝に晩に女性の悲鳴のような鳴き声をあげて、少々不気味です。
 例年ですと、拙店では薪ストーブを設置するのですが、今年はまだ石油ストーブも必要ないほど暖かい日がつづいています。
 ヤマガラはいよいよその数を増やし、見ているだけで飽きません。ほんとうに可愛らしく首を傾げて、わたしたちを見ますので、ついこちらも首を傾げて、???と見合ったりして、おだやかな時間がすぎていきます。
冬前の、まだまだ身体が緩んでいる10月、実は一年のうちで一番好きな月です。

 次回のごはん会は、11月13日(日)午後6時からですので、前日までにお申し込みください。オカズ一品と義援金500円です。

                 りすママ

スポンサーサイト

水浴びの怪

 毎年のことですが、野鳥たちがテラスにある小型ボウルで水浴びを始めるのは、決まって10月から真冬の凍結までの二か月間なのです。山中湖畔は暑いといっても都会ほどではありませんが、それでも汗ばむ7月8月の真夏、鳥たちは水を飲みさえはしますが、決して水浴びはしません。
 そんなわけで、10月中旬の今は、朝からポッチャン、パチャパチャ大人気で、昼にはボウルの水を足さなければならないほど、減ってしまいます。行列になるときもあり(うそのようですが、ほんとうです)、ボウルの周りは、水が散って、まるでシャワー室のようです。
 ずっと不思議でなりませんでした。なぜ、野鳥は夏に水浴びをしないで、気温がぐっと冷え始める10月から水浴びをするのか? 前世が鳥だった人ならわかるかもしれないと、それと思われる人たちに、そっときいてみましたが、全く手掛かりなし。みんな、忘れてしまったみたいです。
 それが昨日、山麓探偵団に参加されたMさん(神奈川県在住のネイチャー奥さん)に、うかがってみて、はじめて納得できる回答が得られました。Mさん曰く、「それは、夏は水温が高くて、体温の高い野鳥にしてみれば、水浴びの効果がない、でもね、水温がぐっと下がれば、それだけ爽快感があるじゃないの。たぶんそうだと思うわ」
 たしかに、井戸水である当店の水温は年間だいたい同じ14度くらいですが、外気中にボウルを置けば、夏は当然水温が上がり、冬はさらに冷えるでしょう。人間が好む露天風呂とは逆で、野鳥はあえて体温より低い冷たい水でさっぱりしたり、羽についた虫を払いたいのかもしれません。
 温泉で暖まりたいのは、人間さまとサルだけなんですね。
 気温、水温、体温、この3条件のバランスを考えずに、ずっと不思議だった怪が、ようやく解け始めた気がします。
 ほかに、異論をご存知の方、どうぞお知らせください。
 ちなみに、わたしが気温の低下を感じるのは、朝一番に水道の蛇口を開けたとき、水が温かく感じられるときです。つまり、水温が気温より高い。
 今朝、10月15日の朝の水は、ほんと、温かかったです。つまり、冬はもう間近だということを体感したわけです。

                          りすママ

 
 

山のめぐみ大成り

 今年は栗もクルミも大成りで、すでに栗ご飯をご持参くださった方もいますし、りすのために小さめの栗やクルミもたくさん届いています。山ぶどうは、マスター単独で山に入り、昨年ほどではありませんが、若干の収穫があり、ジャムやジュースができました。粒の大きさは、今までで最高です。
 10月25日に、あみん20周年を迎えるため、本日9日から、どなたにも山ぶどうジュースをサーヴィスさしあげて、初日のきょうは15人のお客さまに召し上がっていただきました。量に限りがありますので、どうか23日までにご来店ください。
 週三日しか営業しないのに、早めに来いとは、実に勝手な店で申し訳ありませんが・・・・・そういうことです。
 雨がつづきましたので、久々に陽がさしますと、体中をお日様に向けて乾かしたいような気分になります。
 きょうは、日の入り前後に美しい夕焼けが広がり、閉店直前に入店されたN君と3人で西の空をめでました。鳥たちはもうねぐらに帰った後らしく、静かでとても有意義な時間でした。こうして、一日中森の生き物たちや、空の動きを身近に過ごせる日々を、あえて目的に掲げて生きてきたわけではないのに、いつのまにかそういう暮らしをしている。あまり無理がなかったせいか、今ごろ気づく自分にも、半ば呆れています。
 
 13日(木)の山麓探偵団に参加されませんか? 野尻草原で昆虫観察いかがでしょうか? まだ募集中です。

            りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード