再びセミの合唱

 長雨の時期が過ぎ、再びセミがにぎやかになりました。ということは、山麓にも猛暑がもどってきたということです。
ヤマガラの数が増え、ヒナも混じるようになりました。
 ムササビは、いつものウロにこそ帰巣しませんが、毎夕近くの樹上で啼いているので、そのうちウロにもどってくるのを期待しています。でも最近は、ムササビの姿が間近に見えなくても、同じ森に暮らしていると思うだけで、ほっとしたりもします。
 この村を巣立った息子たちと同様に、ウロを巣立ったムササビたちが安全に幸せな日々をおくれるように願う、そんな気もちでもあります。「俺たちとムササビをいっしょにするな」なんて、言われそうですが。

 次回のごはん会は、9月18日(月 祭)午後6時からです。

                        りすママ

 
スポンサーサイト

旧盆前の風

 ほんとうに不思議なのですが、8月12日(旧盆入り)を境に、ヤマガラの数が増えるのが恒例になっています。旧盆だから還ってくるのか? それとも還ってくるから旧盆なのか? 毎年の謎です。
 どちらにしても、旧暦が自然界の生態とリンクしていることは、たしかなようです。
 今夏も、7月は全く姿を見せなかったのですが、8月5日ころから巣立ったばかりのヒナが、テラスに来るようになりました。うすい色の産毛が目立ち、ヒナであることがよくわかります。
 都会の気温が37度と報道された日、こちらは25度でした。
 台風前に、倒れそうだった大木を二本切ったので、テラス前が広くなり、風が悠々と廻るようになりました。ちょっとした森の広場を、生き物たちが行き来して、それを見る人間の頭にも風がゆったり吹き込んでくる至福。
 ヤマガラと目が合ったりすると、ついつい共感を強いたくなりますが、あちらは風をきって飛んで来るんですから、こんなちっぽけな至福感には????でしょうねえ。

                 りすママ
 
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード