栗の渋皮煮

 お客さんからりっぱな栗をたくさんいただき、栗の皮むき器(くりくり坊主)まで貸していただいたので、右手を傷めずに栗の皮むきができました。(ほんとうは、その皮むき器で全部むいてくれたのは、マスターですが)
重曹で3回茹でこぼし、そのたびに真っ黒なアクが出て、しばらく水にさらしてから、薄甘で煮ました。しゃれたデザートができたわけで、毎食後に楽しんでいます。
 この皮むき器、いったいどなたが発案されて、商品化されたのか? 素晴らしい発明品で、ぜひとも購入したいと思っています。こういう利器があれば、栗ご飯も苦にならずにできそうで、来秋がすでに楽しみになってきました。
 
 森の木々も色づき、風はさわやか、湿度も低く、ベランダにすわっていると、ついつい時のたつのを忘れます。一年のうちで一番好きな季節、秋です。
 りすはもう冬支度、クルミを埋めるのに(貯食)忙しそうです。今年、クルミは大豊作で、りすは脇目もふらずに、採ってはせっせと埋めて、埋めては地面を走り、走ってはまた木に登り、採っては・・・・を繰り返しています。おそらく彼らもまた、時のたつのを忘れていると思います。

10月のごはん会は、10月15日(日)午後6時からです。前日までにお申し込みください。
                                 
                            りすママ
 
スポンサーサイト

なごみの時間

 例年通り、9月に入ってヤマガラが水浴びをはじめました。
ポッチャン、パシャパシャ、ポッチャン、パシャパシャを繰り返し、ときには次の子が順番待ちをしています。
見とれていると、ついつい家事がおろそかになるほど、なごみの時間です。
夕方になって、器のすっかり減った水位と、器の周囲に散った飛沫を目にすると、思わずにこっとなります。
秋の水浴びは、日ごとに色づく森を背景に大人気!
 お客さんからいただいた、秋の大型ヒマワリ二輪、花弁が枯れて中央にびっしりついた種を、水浴び後のヤマガラが、上手に優雅につつきます。きっと絶品なのでしょう。これもまた大人気!
 太陽の黒点フレアだの、大洪水、地震だのと、地球上の生き物にはどうすることもできない現象をしばし忘れられる時間、ありがたいひとときです。

                   りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード