FC2ブログ

山にもある浮力

 きょうは、山麓探偵団の活動で、アルピニストの戸高雅史さんの案内で、まさにクロスカントリーを体験しました。近くの三国山にまず登り、その裏斜面をソリで下山するという素晴らしいコースは、前日に戸高さんが下見をしてくださったわけです。老若男女合わせて8名で、それぞれが雪けむりをあげながら、横倒しになったり、コースを外れたりしながらも、なんとか下山すること約2時間、ほんとうに楽しかった! 急降下は怖かったけど、達成感に報われて、大満足!
 そして、下見の際に、戸高さんが鹿の足跡をたどっていった先に見つけた、大きなウロをもつ老木は、まるで絵本の最後のページのように印象的でした。人知れず、そこで命をつないでいるものたち、何て素晴らしい山の世界。
 夕方,里に下りると、とたんに身体が重く感じられ、まるで水の中から上がったようでした。山にも浮力があったなんて。

次回のごはん会は、3月18日(日)昼の12時からです。前日までにお申し込みください。

                     きょうは1日中、そりママでした。
スポンサーサイト



結氷しました山中湖

 ここ数年、気温は下がっても、水質汚染のせいか、なかなか結氷しなかった山中湖が、この極寒でやっと結氷しました。
さすが、マイナス18度がつづくと、身体にこたえます。できれば一日中コタツに入ったままでいたいのですが、それでは暮らしていけないので、起床から就寝まで、冬眠しない森の生き物たちを見習って、できるだけ合理的に動いて生活しています。
 
 上京中の合間を縫って、さまざまなイヴェントに足を運んでいますが、初台のオペラシティ・アートギャラリーで開催中の〈谷川俊太郎展〉は、詩人とは何かをあらためて考えさせる一空間でした。おそらく谷川さんは、一度も詩人になろうと考えることなく、世間から詩人と呼ばれるようになったのだと察しますが、だからこその、気負いのない、それでいて力のある言葉を生み出すことにできる、やはり詩人なのだと思います。地面に根を張った言葉の木、それが〈詩〉なのだとわかる年齢になりました。
 今から48年前、谷川俊太郎作の〈死んだ男の残したものは〉をヘブライ語訳をしたわたしは、イスラエルの地方紙でそれが活字になったことをご本人にお伝えしましたら、スヌーピーの便せんで快い承諾をくださいました。25年前に拙訳の〈キブツその素顔〉が出版されるとき、帯文をお願いしましたら、「いいですよ。実は来月、イスラエルでの朗読会に参加するんです」、と再び快く承諾してくださいました。それが以下の文、というか、わたしにとっては珠玉の一行詩です。
  ――この本は私を励ます。理想によってよりも 厳しいその現実によって――

25年ぶりにこの詩を目の前にし、結晶するのは液体だけではないと、今さらながら気づいた、真冬日のきょうです。

           りすママ
 
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード