FC2ブログ

冬はほんとうに、寒い

 ここ22年間毎年、喫茶店あみんの冬季休業中に旅をしていたわたしたちにとって、冬とはまず、待ちに待った休暇期間でありました。もちろん、以前もきょうと同じように寒かったのでしょうが、平気でウズベキスタンや熊野古道に出かけていました。こうして、冷え冷えした毎日を富士北麓で暮らしてみると、この寒空から旅に出るなど、余程のもの好きとしか思えなくなりました。厳冬の隠岐の島では、観光案内所の窓口はどこも閉まっていました。まったくおかしな話です。よくも、あんな元気があったものだと苦笑します。
 以前、真冬の山中湖畔を観光客が笑顔で自転車に乗っているのを見て、全く、この季節に、それもお金を払ってまで、わざわざ外にいるなどと笑っていたのですが、自分たちも別の場所で同じように見られていたとは、今になって気づいた次第です。
冬はほんとうに寒い、のでした。

 1月のごはん会は14名の参加で、久々に部屋全体が温かくなり、慧光寺住職の一本締めを合図に、新しい年へと一歩踏み出しました。
 2月のごはん会(第95回)は、2月3日(日)昼の12時からです。オカズ一品(できれば汁物でないほうがいいです)と義援金500円でご参加ください。申し込みは前日の夕方までです。

              りすママ
 
スポンサーサイト



新年早々の出来事

 かつての知り合いで、年賀状交換歴すでに40年以上の九州に住む女性が、久々に電話をしてきたと思ったら、「どこかで、お目にかかりましたか?」ときいてきました。わたしの年賀状に対する質問だとわかりましたので、冗談かな? と思いつつも、「ええ、もちろん」と答えましたら、「じゃあ、お話もしましたかしら?」
 これはもう冗談ではないと直感し、「いっしょにお散歩もしたし、お買い物にも行きましたよ」と伝えましたら、「ああ、そうですか。それは失礼いたしました」と、老婆のような口調で、電話をきりました。
 その女性は、まだ70代前半です。ご主人の転勤で九州に転居されてから、たしかに会う機会はありませんでしたが、知己にはかわりないとずっと思っていましたし、今もそう思っています。
 新年早々、なんだか気が滅入りました。

                             りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード