FC2ブログ

せわしかった夕暮れ

 朝一番で、ムササビが302日ぶりに帰巣しました。その日の日没は17時54分とのことで、前後30分はウロを観察していないと、出巣を見逃すことになります。一日中そわそわ。
 わたしの勝手なのですが、出巣予定時刻と大相撲春場所の後半戦と時間が重なり、落ち着きません。ところが、そんな早い時間に「ほーほー」としばらくおいて、「ほろすけ ほーほー」とすぐ近くから聞こえてくるではありませんか! わあ、たいへん。ムササビとフクロウと、大相撲が重なりました。こうなったら、瞬時に優先順位を選択せねばなりません。
 後でビデオ観戦できる大相撲をまずは外し、フクロウを見ようと双眼鏡片手に外に出ました。すると、もう一度「ほーほー」と啼いて、薄暗い空をシルエットで横切る姿を確認、わあーすごい、ここに住んで43年、ついに肉眼でフクロウを見たのです。フクロウは、テラス前の枝に着地して、もう一度、「ほーほー・・・ほろすけ、ほーほー」と啼き、わたしが慌てて家に駆け込んだときには、すぐに飛び立ち、再びシルエットになり、森の奥へと羽ばたいて、遠くで「ほーほー」と啼いています。いつもは夜中に啼くのに、どうして?
 その間、ムササビは実にうまく出巣してしまいました。ムササビの天敵は、フクロウなどの猛禽類だそうですので、森の中での攻防は、甘いものではありません。
 飛んだフクロウの姿が目に焼きついて、せわしくも、感動した夕暮れでした。
 大相撲の勝負結果を見たのは翌朝で、ムササビは帰巣していませんでした。目の前のウロには、たったの一泊だったようです。

 次回のごはん会は、4月14日(日)昼の12時からです。5月からは、夕の6時からになりますので、お間違えのないように、お申し込みください。

                    りすママ
スポンサーサイト



一気に春になりました

鳥のさえずりが盛んに聞こえはじめ、陽射しがキラキラしています。
1月から、富士桜の枝をめがけるウソの数が増え、3月になるとエナガの団体さんも、アクロバットを披露するようになりました。道路沿いで、ヤドリギにレンズを向けるカメラマンを、何度も見かけるものの、そのお目当てであるレンジャクにはついぞ、縁がありませんでした。それにしても、ヤドリギの美しい球体には、目を奪われます。
 先日、朝霧高原の先にある陣馬の滝に行きましたら、水量が極めて少なく、また、道志村の御正体山近くに住む友人宅前の沢もすっかり枯れていました。山中湖は湧水のおかげで、今のところ湖面の低下は見られませんが、降水量減少の影響は、当然そのうち現れるでしょう。
 山麓探偵団恒例の青空レストランは、あいにくの雨天で、屋内催行となりましたが、自然細密画家の木村修、奈保子夫妻の、野鳥の生態、骨格についてのレクチャーは、たいへん興味深いものでした。野鳥についての単なる学術的知識ではなく、同じ生き物、おとなりさんの暮らし方を知ることができ、豊かな気もちになりました。
 などと言いつつ、その直後に鶏のから揚げを、平気で頬張ることのできる自分たち人間に、呆れた日でもありました。

                 りすママ
 
 
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード