FC2ブログ

第100回ごはん会

 3・11から約一か月後、拙店で、チャリティごはん会をはじめました。というのは、テレビ画面で報道される未曾有の原発事故や津波の画像が、あまりにも悲惨で、事故直後から、わたしは食事がのどを通らなくなってしまったのです。これから被災地を義援しなくてはならないのに、自分たちがこんなに憔悴していたのでは、共倒れになる、せめて遠方に住む者だけでも元気になろう、ちゃんとご飯を食べよう、できれば大勢で食事をすれば、少しは元気になれるのではないか? というのが、そもそもの発端でした。つまり、まずは自分たちの、人としての復興のために、はじめたのです。
 それで、隣村の慧光寺さんにお声掛けして、第一回ごはん会を4人で行い、東北各県の避難場所(当時は、主に体育館)が不要になるまでをモットーに、義援金500円、オカズ一品もちよりを、ただひとつの参加ルールにしました。が、まさか100回を迎えるまでつづけるとは、思いもしませんでした。ということは、被災地の復興は未だならず、さらに日本各地で災害が後を絶たず、これでもう義援は不要、ということがほぼなくなったからです。今の日本、わたしたちとて、いつ被災者側になるかわかりません。
 年間約5万円から6万円のちりも積もった義援金は、顔の見える被災者グループ、放射能データ改ざんや政治的な反対にあいながらも、ほんとうのガン検査を行おうとしている福島県の医師たち、熊本地震の復興支援グループ、遺児たちの教育支援グループに送金していて、相互の交流もできつつあります。
 ですから、100回記念といっても、決して華々しい雰囲気ではないので、ひとつの大事な通過点と認識し、慧光寺ご住職が、『三陸海岸津波浄土』と題した、某臨床宗教師の講演記録を輪読提案されました。
 宗教や宗派を超えて数百の遺体を見送った僧侶、牧師たちの当時の生々しい記録が、参加者12名の声を通して再現され、ごはん会の意味がひとりひとりの胸に刻まれた晩でもありました。

 次回、第101回は8月25日(日)午後6時からですので、どなたでもご参加お申し込みください。

                       りすママ
スポンサーサイト



習慣の怪

 6月と7月(昨日)に、それぞれのバージョンで探偵団活動を企画しましたが、どちらも終日の雨予報で、強行か? 中止か? それとも室内催行か? と、主催者としては大変気をもみました。各種の天気予報を見ては、そのたびに企画変更に頭を悩まし、参加者の問い合わせには、曖昧な返事をして、当日を迎えました。
 信じられないことに、雨雲は遠のき、両日とも無事に催行することができ、ほっと胸をなでおろしています。しかし、天気予報の雨マークは、強情にも消えてはいません。
 あらためて、天気予報に翻弄された自分たちに呆れ、五感で判断しなくなった(できなくなった)暮らし方を反省しています。
 天気予報の中には、洗濯指数まで含まれたものもあり、厚手の洗濯物は避けた方がいいとか、早めに取り込んだ方がいいとか、とんでもないお節介が当たり前のように、表示されています。天気予報だけが悪いのではありません。
 「次回からはもう、ぜったいに天気予報なんか、あてにしないぞ!」と決めても、またすぐに天気予報に耳を傾けてしまう、この恐ろしい習慣こそ憂うべきものだと痛感しています。
 
 次回の第100回ごはん会は、7月21日(日)午後6時からです。オカズ一品と義援金500円で、ご参加ください。

           りすママ




プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード