FC2ブログ

夜の森

 今夏、わたしたち家族の食卓は、ベランダに移動しました。蚊が少ないので、食後も長時間すわっていられます。夕食後、森が真っ暗になっても、心地よい風にあたりながら、ずっと外にいます。
 そのうち目が慣れて、シルエットだった樹木の樹皮が、だんだん鮮やかに見えはじめ、森全体は決して闇ではなくなり、ムササビやモモンガが鳴いたりして、ますます居心地がよくなります。夜には、夜の色があり、夜ならではの音があるのだと気づきます。ベランダにいるので、イノシシやシカが直にぶつかってくることはありません。目を閉じていると、時がゆるんで通り過ぎます。
 昼間、あんなに忙しく飛び回っていたヤマガラやコガラたちは、いったいどの枝で眠っているのでしょう? 
 あの丸い目を、ちゃんと閉じて眠っているのでしょうか? 
 群れるか、並ぶかして夜を過ごすのでしょうか?
 鳥目には、月の光はまぶしいのでしょうか?
湖畔の方で花火の音がして、空からは夜間飛行機の音もして、
葉や枝の擦れ合う音もして、
夜が更けるにつれて、今ここで目を開けたら、ふと森が浮かび上がっているような気もします。

                 りすママ
 
スポンサーサイト



いつもと異なる8月

いつもといっても、山中湖に暮し始めて40年少しだけの情報、および観察に比べてですが、この8月の特記すべき点は、
1・蚊、ハチが非常に少ない
2・センノウなどの夏花が見当たらない
3・ヒグラシが初夏から鳴いている
4・ヤマガラ、シジュウカラも少ない
5・ゴジュウカラは皆無
 自然界とは別に、オリンピック自転車コースの影響なのか、サイクリングロードではなく、一般車道を走るロードレース自転車の数が増え、ただでさえ、車の運転が下手なおばさんたちには、たいへんな路肩プレッシャー。危なくて、ひやひや、怖い。それも、たいてい数台が列になっているので、避けようがありません。大事故にならなければいいのですが。

    もっと元気な情報をお伝えするには、どうしたらいいか?  を考えるだけでも、呼吸困難になりそうな8月。

                 りすママ

           
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード