FC2ブログ

この寒風の中

 長年、わたしたちは店の冬眠中であった1月10日辺りから2週間くらい、恒例のバックパッカー旅をしていました。ヨルダンのペトラとか、ウズベキスタンのフェルガナ、モロッコとか、隠岐の島とか、よりによって真冬の一番寒い時に出かけるわたしたちが、いかに珍種だったか! こうして家の中にいると、なお一層よくわかります。
 旅の間は、たしかに寒く、野の花や鳥のさえずりには遭遇しませんでしたが、寒くていやだなとは全く感じませんでした。凍りついた旧ソ連の旧市街を、朝から夕暮れまで歩きつづけていたのが、まるで前世だったように思い出されます。
 ペトラの大遺跡では、歩いても歩いてもその広大な虹色の岩肌がとぎれることなく、ほんの小さな現代人たちを寡黙にしました。隠岐の島では、大空の下、だれもいない断崖絶壁の上に放牧された牛たちのわずかな動きに、見とれました。
 そして、旅を終えて山中湖にもどり、あらためて真冬の冷たさに気づき、思わず笑ってしまうほどでした。凝りもせず、また翌冬の旅の行先を考えるのも、また真冬の楽しみでもありました。
 寒さというのは、つくづく相対的な感覚だと、今はコタツに足をつっこんで地図を眺めながら、そう思っています。このところずっと、寒くて冷たいです。

               りすママ
スポンサーサイト



なつかしい野鳥たち

 毎冬、富士桜の花芽をついばみにくるウソという胸がサーモンピンクの野鳥を、加古坂神社境内で見かけました。全国の梅園や桜園からは害鳥呼ばわりされて追われる野鳥のようですが、山麓では大歓迎です。
 その後、我が家のベランダで、久々のゴジュウカラとメジロに再会。メジロは、以前子ヘビがヤマガラの孵化したばかりのヒナをねらったときに、加勢にやって来た混群の中で見かけて、「あら、メジロさん、森にはちゃんといたのね」とおどろきましたが、どうやら普段は人の目の届かない森の奥で暮らして、いざ出番という時だけ現れるようです。ウグイスよりずっと色がきれいで、それに、やはり桜の花芽が大好きです。新年早々、なつかしい野鳥たちに出会えて、こいつは春から〇〇〇がいいわい!
               りすママ
          
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード