FC2ブログ

初めてのバースデイケーキ

 母の95歳の誕生日を、近所の方たちが数人で、お祝いをしてくれました。サプライズでしたが、当人はちゃんと年齢の自覚があり、思いがけないひとときを、喜こび合いました。春らしい色の花束やアレンジメントを胸に、バースデイケーキを前に、来年の年賀状用にと、写真を撮りました。
 そして、ケーキにたてた9と5の数字ろうそくに火をつけ、ピアノ伴奏付きで歌を歌い、さあ、火を消してと言ったのですが、母はどうしていいのかわかりません。母は子ども時代を戦中戦後の混乱の中で過ごしたせいもあって、我が家には誕生日にケーキを囲むという習慣がありませんでした。そんなわけで、母には95歳にして初めてのバースデイケーキだったのです。
 さあ、ろうそくの火を吹いて! と、みんなで急かしましたら、母は片手であおり、「仏壇じゃないんだから」と無神経な娘の一言で、みんなで大笑いしました。真冬の午後、小春日和の誕生会でした。

               りすママ
スポンサーサイト



その人の言葉

 年末に上京した折、実家のご近所の婦人とばったり会って、互いの無事と健康を喜び合いました。彼女はたぶん80歳くらい、独り暮らしですが、庭先に様々な植物を育て、折々に切り花をご近所に分けてくださる方です。70代半ばまで、女子大の寮母をされていたと聞いていました。
 短い立ち話の別れ際に、「お宅の○○〇は、大正13年のお生まれだった?」と、きかれたのですが、その○○〇が、うまく聞きとれず、「うちの?」と聞き返しますと、「ミセスは、15年でしたか?」と言われたので、ああ、うちの父のことを、ミスターと呼ばれたのだとわかって、可笑しくなりました。「うちの父は、大正3年生まれでした」と答えますと、「まあ、そうでしたか。うちの主人は大正13年でした」と言われて、まるで昭和初期の小説に登場する会話のように感じました。
 思いがけない〈ミスター〉〈ミセス〉という呼び名は、おそらく彼女の暮らしに根づいた独特の言葉なのでしょうが、その意外性がいやみなく、じつに自然だったのが、心に残りました。
 ミスターなどと呼ばれたことのない父は今ごろ、笑っているでしょうが、それにしても、世間の言い回しではなく、その人だけの意外な言葉づかいに、ついつい笑顔になる再会でした。

           りすママ
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード