8月の湖畔

 例年に比べて、山中湖の水量が多く、湖面がふくらんでいるように見えます。春から初夏にかけての大雨が原因で、これから9月にかけても台風の到来が予想されますので、もっと水量が増える可能性があります。
 湧水と降水からなる山中湖の水は、桂川に放水されており、それはさらに相模川へと流れます。しかし下流域でも降水量が多ければ、放水量も制限されますので、いわゆる下流が呑みきれないという状況になり、山中湖の湖面がまた一段と上昇するわけです。
 最近のゲリラ降雨によって、その危機的状況が頻繁に起こるようになりました。
 しばらく湖畔を通らないでいると、水量の多さにおどろきます。えっ? 山中湖ってこんなにふくらんでいたかしら?
 湖岸にしっかり生えていた柳の木が、いつのまにか湖水におぼれそうに見え隠れして、湖岸の位置が広がっている箇所もあります。
周囲の山の稜線から見下ろせば、湖面はキラキラ輝く鏡に変わりはないのですが、近づくと鏡の変化がよくわかります。
 白鳥たちの泳ぐ位置も、以前より高くなっていますから、道路を走る車の全形が、彼らの視界にすっぽりと入ったにちがいありません。
 気象の変化とともに、刻々と変わる景観に気づくのは、人間ばかりではないということですね。

 8月のごはん会は、12日の夕方6時半からですので、前日までに参加申し込みをください。そして、ぜひとも、車窓から、横目で湖面をながめながら、いらしてください。
その話題はきっと、ちょっとした前菜になると思います。

                       りすママ
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード