森の目レンズ

 今夏の50日間、ほぼ毎日視界20メートル内の暮らしをしていました。時おり買い物に出かける以外は、毎日同じ日課をこなし、朝から晩まで、ずっと同じ森を見ていたことになります。
 50日ぶりに自宅をはなれ、静岡県の田貫湖畔で、いつもとは異なる富士山をながめてまいりました。高い空に広がる筋雲、大沢崩れの南麓、そして長者ヶ岳登山と、晩夏と初秋のすき間を充分に楽しんで帰宅。
「ただいま」のあと、さっそく、いつもの森のウロにムーちゃんを探そうと目をこらしましたが、うまくピントが合いません。あれっ? おかしいなあ、ウロがぼやけて見えます。双眼鏡で、のぞいてみましたが、やはりピントが合いません。ウロもそうですが、周りの木々の葉も、なんだか滲んで見えるのです。ムササビがいるのか、いないのか? いると思えばいるようですし、いないと思えばいないようで、いつものように、はっきり確認ができないまま陽が暮れてしまいました。日没後に、ウロからの座布団滑空がなかったので、ムーちゃんの不在がわかりました。それにしても、急に視力が衰えて、いたく気落ちしてしまいました。
 そして翌朝、すぐに窓を開け、再び森をながめました。いつもの森と、いつものウロ、そしていつもの木々で安心しました。リスは、クルミを地面に埋めるのに余念がありませんし、ヤマガラは順番待ちで水浴びにやってきます。ああ、よかった! やっとピントが合いました。ウロには、ムササビの不在が、はっきり確認できます。
 たった二日間、別の風景にひたっただけで、知らず知らずに馴染んでいた自分の森の目レンズが、歪んでしまったようです。そして再び、視界20メートル内の暮らしにもどり、レンズの度数が元にもどってくれたのです。
 人それぞれに、異なる視力があるのは知っていましたが、その視力がうまく発揮できる、それぞれの対象物があるのを、初めて知りました。ちなみに、わたしの目は、近場の木々の色や、リスの動き、真っ暗なウロの中をのぞくための専用レンズのようです。ひと夏の、思いがけない体験でした。

                         りすママ
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード