山頂もまた交差点

 念願の長者ヶ岳に登山した日、天候が良かったにもかかわらず、苦労してたどりついた山頂での眺望は、今ひとつでした。目の前の富士山は雲に隠れ、ふもとの田貫湖も霞んで、山頂特有の開放感には恵まれませんでした。
 でも、山頂でお弁当を広げますと、ときおりクマよけの鈴の音がして、そのうち登山者が汗をふきふき現れ、それぞれがお弁当を広げます。驚いたことに、中高年の単独登山者が多く、男性や女性がそれぞれひとりずつ、静かに昼食タイムというわけです。
 長者ヶ岳の山頂は、天子ヶ岳、毛無山、小田貫湿原、そして休暇村の四箇所からの登山道が交差する頂点ですので、四方からの登山客には、それぞれに登山情報があり、どこどこの斜面はきついとか、下山道はどこがおすすめとか、話し声も交差します。
 中には、きれいにむいた冷梨をおすそわけして回るおじさんもいたりして、思いがけずごちそうになりました。いったいどなたがむいて、持たせてくれたのでしょう? 留守宅の様子まで、目に浮かびそうです。
 脇目もふらず、寡黙に通り過ぎる女性登山客もいますし、しばしおしゃべりを楽しむ二人連れもいます。小一時間の山頂滞在で、のべ10人の登山客がわたしたちの前を通り過ぎ、「じゃあ、お元気で」と、見送り、見送られたわけですが、まるで峠の茶店をはったかのような余韻がありました。
 山頂で交差した人々は、今はそれぞれの下界で、次の山を目指して日常をこなしているかもしれません。そしてまた、どこかの山頂で、ふとすれ違うのでしょう。
 
 今月のごはん会は、9月23日(日)夕方の6時半からですので、前日までにお電話ください。ごはん会もまた、小さな交差点のひとつ。ぜひ、四方から登っていらしてください。

                   りすママ
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード