はい、こちら喫茶店ムササビ課

 なんと44日ぶりにムササビが帰巣して、中一日は留守でしたが、ほぼ連泊状態の6日目です。ウロの中に、どうやら二匹いることがわかり、たまたまマスターが撮影した映像を拡大して見たところ、授乳している場面に出会いました。子どもが、母ムササビの乳首に吸いつく瞬間も、確認しました。
 二匹は、母子だったのです! その二匹は、毎夕日没後20分以内に出巣して木を登り、母親だけは滑空して、子は樹上に残って、枝から枝へと動き回っています。カラスのうがいのような鳴き声も聞きましたが、母と子のどちらの声なのかは、わかりません。たがいに、呼び合っているのかもしれません。
 当方、ムササビ課というわりには、わからないことばかりで申し訳ありませんが、この時期がムササビにとって、夏に生まれた子の子育て期間だということは、確かなようです。
 そのうち、滑空できるようになった子どもは、自立していくのでしょう。それにしても、外気はどんどん下がり、今週はついに摂氏10度を下回りましたが、ムササビは、雨だろうと寒かろうと、かならず出巣してエサをさがしに動きます。野生で生き延びる、彼らのエネルギーのすごさに、圧倒されそうな毎日です。
 この時期の日没は、午後5時15分前後と早いので、われわれは5時10分には何がなんでも帰宅して、テラスに陣取り、寒さをこらえつつ、双眼鏡をのぞきます。
「動いたぞ」
「手が出ましたよ」
「あっ、目が光った」
「あっ、只今出巣、5時35分」
「裏へ廻ったみたい」
 このやりとりだけを聞いた人は、きっと空き巣の追跡かと思うでしょうね。

                  りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード