変わり目の瞬間

 若い頃は、昼と夜の境い目や、季節の変わり目などに、かなり鈍感でした。なーんとなく暗くなって夜になったり、気づいたら秋になっていたりする中、自分はおくればせながら時間に飛び乗って、それでも平気で暮らしていたようです。
 ところが最近は、境い目や変わり目には、実は変わっていく瞬間があるのだと気づいたのです。初秋は、いきなり秋になり、そしてしばらくすると、いきなり晩秋になり、そしてまた、いきなり初冬になるのです。
 同じように、夜と朝の間も、昼と夜の間も、けっしてだらだらした変化ではなく、なにかが瞬時に変わるのを、自分のなにかが感じるようになりました。それはとくに、この村で暮らしているとよくわかり、上京してコンクリートに囲まれると、まったく鈍くなります。
 日の出も、日の入りも、どちらも瞬時に刻まれる自然の営みであり、月の満ち欠けに準じた生き物たちの営みも瞬時に変化するわけで、そんなこと、今にはじまったことではないのですが、恥ずかしながら実感にはうとかったようです。
 ただ、人間が生まれるときは、だれにも10ヶ月間の生物的準備期間が有り、そして瞬時に生まれるのですが、死には病気という心身の準備期間のある人と、全く準備期間のない人がいて、結果としては同じく死の瞬間に至るという奇妙な差があるのを、どう理解していいのかと立ち止まる昨今です。
 今年ほど晩秋を味わったことは、ありませんでした。そして、初冬になった瞬間に、なにかふっきれたような力強さに押されたのも、思いがけない体験でした。

 一ヶ月ぶりにムササビが帰巣して、日没30分後に出巣、滑空していきました。人知れず、昼夜と季節を生きぬく彼らのその、なにかに忠実な営みにうたれます。
 ぐちゃぐちゃ考えず、わあわあ騒がず、いいなあ、えらいなあと、その座布団シルエットの滑空を、初冬の夕べに見送りました。
                   りすママ
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード