花と自分の関係

 昨今の低温気候にもめげず、山麓の富士桜がやっと開花したのですが、冬季に野鳥のウソが花芽を多く食べた結果,我が家の庭の花数はほとんどなく、さびしげな桜の木になりました。これでは、桜の蜜をあてにして、南から渡ってくるキビタキが、がっかりするにちがいありません。さらに、ヒヨドリが花びらをムシャムシャ食べていきますので、ますます数が減り、すでに丸坊主に近くなりました。
 花咲かじいさんでも、ご招待したい心境です。
 
 昨日は、久々の快晴の中、山麓探偵団の活動で、青木ケ原樹海を散策しました。広大なアカマツ林の中で、3種類のスミレ、コブシ、富士桜、ツルアリドオシ、マイズルソウ、馬酔木の白い花などが、だれにめでられるわけでもない目立たぬ場所で、けなげに咲いていました。自分が身ひとつで大自然につつまれていると、花咲かじいさんなど、別に来てくれなくてもじゅうぶんに豊かな気もちになります。
 どうしてでしょうねえ?

              りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード