年に一度の雪上レストラン

 昨年の2月はほとんど雪がなく、雪上レストランを開店することができませんでした。そんなわけで、2月13日に運良く、二年越しの雪上企画が催行されました。
 27歳から89歳までの参加者、総勢17名の老若男女が、スノウシューでたどりついた雪原に、雪のテーブル、椅子をつくり、ホットワイン、ミネストローネ、富士桜ポーク、チーズフォンデュ、キャベツのミルフィーユに舌つづみをうち、年甲斐もなく、雪遊びに興じました。
 富士山は雲に隠れていましたが、眼下の山中湖はくっきりと光り、ぜいたくな景観です。
 わたしは、スキー歴は長いだけで、ちっとも上達せず、未だに初心者用のゲレンデをゆっくり滑るだけですが、その代わりソリ歴はたったの数年ですが、その楽しさにはまっています。
 今回も、食後のソリ遊びが楽しみでした。新雪のスロープを何回か滑って、登って、滑って、登ってをくりかえし、とても満足して、チョコフォンデュのテーブルに間に合いました。
 やがて下界に降り、後片付けをしはじめると、とたんに身体が重くなるのを感じました。まるで、プールから上がったようです。雪の中にも浮力がある、でなければ、この重力感はなんでしょう?
 その翌日のきょう、ふたたび雪がふっています。当分やみそうにもありません。でも、ソリ遊びを思うと、ひとりほくそ笑み、窓からスロープ探しをしているおばさんです。

                     りすママ 
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード