やっと巣立ったヒナたち

 いつもは6月中旬に、シーシーとヒナの鳴く声が森中に響きわたるのですが、今夏は一ヶ月もおくれ、7月20日すぎになって、やっとヒナたちが飛び交いはじめました。ヤマガラ、シジュウカラのヒナたちです。
 おくれの理由はわかりません。でも、やせた身にたよりない産毛と薄茶の羽をつけたヒナたちの姿を見て、なんだかほっとしています。でも、この中でいったいどのくらいの数が、生きのびていくのでしょうか?
 いかにも、とまどったような不安な視線、にぶい動き、だいじょうぶかなあ? とよけいな心配をしています。
 見えない場所では、きっと他の生き物たちも、生きのび作戦に必死なのが察せられます。
 一見、生きていくことは当たり前のように思えますが、ほんとうはたいへんな試練なのだと、自然界をのぞいてみればわかります。そして、わたしたち人間も、その一部であることはわかりますが、問題は、どこをのぞけばわかるか・・・・ということかと思います。自然界の中に自分を置いてみるのは、それこそ当たり前なのでしょうが、実はなかなかむずかしい、そう思う夏です。

                              りすママ
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード