森で啼くもの

 夜中の一時半から二時にかけて、ときどきフクロウが啼きます。たまたま耳にすると、うれしくてつい頭まで覚めてしまい、しばらくじっと聞き入っています。さびしげな声ですが、やはり哲学的な響きが感じられます。ただ、フクロウは猛禽類なので、ムササビの天敵でもあります。ムササビを狙わないでおくれと、人間さまは一方的な勝手な願いをしたりして。
 ムササビが目の前のウロに最後に帰巣したのが、昨年の8月ですので、早10か月近く滑空を目にしていません。でも、繁殖期のこの時期、鳴き声は聞こえますので、まだこの森のどこかにいることがわかって、ほっと安心。
 アオゲラが、さかんに営巣場所をさがして飛んでいます。ムササビのウロを内覧して、なにが気に入らないのか、入居まではいたりませんでした。たしかに、巣穴の口径が大きすぎですが。
 巣穴の口径というと、先日の探偵団で伊藤浩美カメラマンがおしえてくださいました。それは、ゴジュウカラは、アカゲラの巣穴の口径を泥で左官して、小柄な自分たちのウエストに合わせてから入居するそうです! なんという知恵でしょうか! 
 
 夜中に森で啼くものたちが、昼間どこで何をしているのか? みんな、うまく隠れているのを想像するだけで、頬がゆるみます。それこそが、野生の特技ですものね。ご存知のように、野生と野性は、似て非なるもの。
 泥で左官するゴジュウカラや、葉陰にうまく身を隠す小動物は、りっぱな野生であって、欲にかられてやりたい放題の地球上のある種は、恥ずかしながら、野性全開だということでしょう。

 第52回 チャリティごはん会は 6月21日(日)夜6時からです。前日までに、お申し込みください。 

                              りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード