旧盆後の涼風

 ついこのあいだ、ベランダの各テーブルに、ウチワを配っていたのがなつかしく思われるくらい、だいぶ涼しくなりました。
絶対数はそう多くはないのに、ヤマガラが手に載るようになりました。これもまた、旧盆の風の仕業でしょう。
 うちは、15日の土曜日早朝、91歳の叔父が危篤との知らせを受け、店を一日臨時休業にして、即上京しました。遠路、ご来店くださったお客様、たいへん申しわけありませんでした。
 噂には聞いていましたが、東京街中のアスファルトの照り返しは尋常ではありませんで、病院の駐車場から正面玄関までのたった十数メートルで、しばし呼吸困難になりそうでした。でも、無事に叔父を見舞えてよかったです。叔父は、その5日後に息をひきとったとの連絡がありました。
 旧盆が過ぎ、久々(約1年ぶり)にゴジュウカラのフィフィという鳴き声と姿を確認し、またカケスの元気な鳴き声も耳にし、黄葉した葉が落ち始め、りすのクルミをかじる音が森にひびき、いよいよ秋到来の風情となりました。
 短い夏のさまざまな思い出が、そのうちひとつひとつ蘇ってくるのが秋の楽しみでもあるので、わたしには、秋の物哀しさはあまり感じられません。春が苦手な分、秋は大好き! です。
 10月半ばまで、まだまだベランダ席でくつろげますので、ぜひとも秋を共感しにいらしてください。彼岸を過ぎ、長くなるのは夜ばかりでなく、手足もあくびも、のびるような気がします。
                                  りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード