極寒の山中湖

 年末年始の温かい気温にすっかり手足がのびていたものですから、1月25日、26日の極寒には、悲鳴をあげました。山中湖の外気温がマイナス16度にもなり、水道の凍結を防ぐための手立てに神経を使い、夕食もかき込まなくてはならないほどの緊急事態を経験しました。二日後のきょう28日は、少し気温が上昇し、ほっとしていますが、凍結との闘い、まだまだ気をぬくわけにはいきません。
 お味噌汁もコーヒーも、あっというまに冷えてしまいます。そんな中、何が一番温かいのかというと、コタツでの読書、雪景色の中の散歩、それにつきますね! 
 母のサポートで頻繁に上京しておりますが、その滞在中、イタリア文化会館で「ミュンヘンの時計」というドキュメンタリー映画を観ました。原作は、ハンガリー動乱でイタリアに亡命したジョルジョ・プレスブルゲル氏で、自らのナレーションによる、自らの内面の旅の63分間、胸に落ちるものがありました。もう一度観たいというか、言及される人物が、あまりにも世界に散らばっている知名人たちのため、もう一度観ないと、その奥深さがつかめないという重厚な映画でした。放浪する民族のひとりが、その具体的な根っこにふれたとき、どういう感動があるのか、それをこんな極東の島に住む者も、共感できそうな希望を感じました。

 次回のごはん会は、2月7日(日)昼の12時からです。今のうちに、お申し込みください。

                         りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード