オオルリ飛来 その2

 5月3日も、オオルリの鳴き声を確認し、営巣を願いつつ、耳をすませました。そしてその直後、東富士演習場から轟音と共に離陸したと思われるオスプレイ二機を、真下から見上げました。
 その途端、オオルリへの思いが吹っ飛び、しばし憂鬱な半日でしたが、憲法集会での、101歳むのたけじの渾身の訴えをテレビの画面で見て、自分に落ちたオスプレイの影は吹っ飛びました。
 その晩は大嵐で、果たして野鳥や小動物たちは、いったいどうやってこの大雨と強風を耐えたのか? 想像もできませんでした。
 が、陽が射した4日のきょう、再びオオルリ、キビタキ、エナガの鳴き声を確認しました。
  オスプレイは、元々〈みさご〉という鳥の英名で、その形になぞらえた軍用機ということですが、鳥を勝手に軍用機に名づけるなどした人間どもの恥は、到底ぬぐえるものではありません。
 オオルリたちよ、キビタキたちよ、君たちは、人間の戦いにぜったいに名を貸してはならない! むのたけじの、精一杯のしゃがれ声と、森に響き渡る野鳥の声に、わたしも微力ながら声を重ねたいと、強く強く思った一日でした。

                  りすママ

              
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード