3月下旬の雪景色

 3月25日の夜半から、ほぼ24時間降りつづけた雪は、山中湖で60センチの積雪となりましたが、さすが春の雪ですので、道路はすっかり開通し、森の中だけ真っ白という状況です。
 丸二日間、新聞も郵便も配達がありませんでしたが、ITやTVの情報、食料の備蓄もあり、近所の方々のご親切な雪かきもあって、下界とつながることができました。みなさん、ほんとうに、ありがとうございます。
 実は、ほぼ間違いなくムササビが出産し、出巣時間の変化を逆算すると、どうやら3月14日が出産日と推定されます。産後二週間、母親は出巣せず、いったいだれがエサを運んでいたのか不思議でしたが、3月28日の昨日より、日の入り後30分以内に出巣し、久々の滑空を見せてくれました。
 きょうも、母親は出巣直前まで一生懸命に子どもの世話をし、午後6時33分に出巣の際は、外敵から子どもを守るためか、ウロの入り口をしっかり巣材で塞ぎ、出巣、滑空していきました。エサを確保するためには、どうしても子どもに留守番させなくてはならない時期のようです。母性のきめ細かさに圧倒されています。
 子どもの姿は、瞬間的にちらっと見えるだけで、ものの本によりますと、出産後約50日でウロから顔を出すというので、もし引っ越しをせずにずっと、あみんのウロにいてくれたら、たぶんGW前あたりに子どもが顔を出すかもしれません。ちなみに、ウロは漢字で樹洞と書きます。
 夕方から、主婦が夕飯の支度もしないで、ベランダでひとりムササビの観察をしていると、森の下の方から何やら気配がして、ふと見ると3匹の鹿が、怪訝そうにこちらを見上げているではありませんか。「あなた、何してるの?」という、鹿さん独特の、あのあどけない目です。こればかりは、彼らに説明できませんが、ギャラリーの、そのまたギャラリーがいたなんて! ね!

                         りすママ

                    

           
 
  
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード