再び樹海を行く

 4月に続き、今月5月も、伊藤浩美さんを案内人に、樹海に入りました。あいにくの雨模様でしたが、一同雨支度をして、軽水林道から道なき道をすすみ、今まで出会ったこともない突出した溶岩ドーム、ダイナミックなドーナツ状の火口を訪れました。遠雷を耳にして、急きょ安全な低地へとコース変更したのが功を奏し、名もなきふたつの火口を巡ったのですが、それは一瞬言葉を失うほどの迫力でした。霧の中に、浮かび上がる溶岩ドーム。その辺りは、昭和30年代後半、山麓の村の人たちが炭焼きなどをしていた、いわば暮らしに直結していた場所だそうです。目を凝らせば、当時の三輪トラックの轍さえ確認できます。
 伊藤さんの頭の中に、樹海の地図がいったいどうやって収まっているのか、ほんとうに驚くのですが、森の奥深くどこにいても、富士山と国道の位置がはっきりしていて、いつも涼しいお顔をされています。
 足元の銀竜草、つくばね草、フデリンドウ、見上げるカエデやハリギリをゆっくり愛で、アカゲラの巣穴づくりを横目で通過し、山ブドウのツルをくぐり、美しい新緑にだれもが寡黙になるひととき、落ち葉を踏む足音だけが森に響きます。
 そのうち雨も上がり、1200年前の貞観の大噴火で火を噴いた低地で昼食。人知れず、名もなく、1200年の間ずっとここにある火口のたたずまいに、思わず息をのみました。そして今回も、土のない溶岩にしがみつくように根をからませる樹木の力強さに、励まされました。
 場所というのは、おそらくどこでも長い歴史と広い地理が、何かの縁で交差する地点なのでしょうが、世俗にまみれず、重厚に鎮座するその交差点で、霧深い空気を胸いっぱいに吸い込んで下界にもどりました。

 繁殖期を迎えたムササビは、きょうも日の入りを待たず、早々に出巣していきました。いい相手に巡り合えるか? たとえそれが実らず帰巣しても、あるいはどこかにうまく新巣を見つけて外泊したとしても、そのどちらをも淡々と見られる自分に、早くなりたいものです。

 6月のごはん会は、6月4日(日)午後6時からです。前日までにお申し込みください。

                           りすママ
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード