冬の足音

 紅葉がすっかり枯れ葉となって散り、広葉樹の多くが寒々しい姿をさらす季節になりました。隣の家の幼い兄弟たち(7歳、4歳、2歳)が、朝から外遊びをしています。みんな男の子で、笑い声こそ聞こえますが、泣き声は聞こえません。走ったり、転んだり、自転車をこいだり、すでに数時間ずっと彼らの楽しそうな声が響いています。
 今から37年前、この兄弟の父親であるT君5歳と、うちの次男5歳が、やはり同じようにこの道で遊んでいたのを思い出し、いたく懐かしく、胸がいっぱいになります。袋小路なので交通量がなく、適当に坂や広場につづくので、格好の遊び場所です。放っておいても声が聞こえるので、ふたりの母親たちは安心でした。T君のその母親は、孫の顔を見ずに48歳で病気で亡くなってしまい、今となっては、わたしが彼女の分まで、子どもたちの声に耳をすましているわけで、それもまた感慨深いものがあります。
 都会ではないし、村の中心から外れているので、この周辺の景観は、37年たっても、そんなに変ってはいません。ここから見る山中湖の湖面も、富士の姿もまったく同じです。年月が感じられるのは、同じ家に暮らす人々の代替わりで、冬の足音とともに、身に染みるようになりました。
 昔のお年寄りたちも、おそらく同じようにそれを感じていたのでしょうが、わたしには、彼らが当たり前に淡々と、身に染みることなく年を重ねていたようにしか思えませんでした。まあ、隣の家の幼い兄弟たちにしても、今のわたしたちは〈となりのじいじ〉〈となりのばあば〉そのものなので、きっと30年くらいたてば、彼らはふりかえって何かを思うかもしれませんが。

  次回のごはん会は、来年1月4日(木)昼の12時からです。

                              りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード