エナガの団体さん

 エナガという野鳥をごぞんじですか? シジュウカラよりひと回り小さく、ぷっくりしたピンクのお腹に、アイスクリームのスプーンのようなぴんとした尾、とてもとても可愛らしい。にぎやかなのは、いつも群れで行動しているからで、まるで通学電車の中の女子高生みたい。ペチャクチャ、キャッキャ、チュチュ、木から木へと落ち着きがなく、アクロバットで枝にぶるさがったり、枝とともに宙返りしたり、とんだりはねたり、と思ったら、もう次の木に移動しています。
 極寒の午後、桜の木にエナガの団体さん到着! その一羽一羽の動きに、時間を忘れ、しばし見とれてしまいました。たった数分間でしたが、なにかが報われる、なにかが洗われる、きわめて心地よいひととき。
 団体さんは、まるで旅芸人みたいに、つぎのお座敷にとんでいってしまいました。近いうちに、また巡回してもらいたいなと、フリースに綿入れを着て、毛糸の帽子をかぶったおばさんは、コタツから手を出すと冷たいので、目配せだけで彼らを見送りました。
 後になって、せめて片手だけでもふればよかったと、両手の手袋を見て、反省しました。
                                りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード