メジロのつがい

 つがいと書きましたが、はたして正しいかどうか、わかりません。もしかしたら、兄弟姉妹かもしれないし、友人かもしれないし、単なる行きずりかもしれません。でも、桜の芽をついばみに、メジロが二羽やってきて、コタツにしがみつく住人をとても楽しませてくれました。
 今年は、河津桜も熱海の梅も、開花時期がおくれているそうですので、メジロくんたちの行き場が失われているのでしょう。こんな真冬の山麓にも、春の予告に来てくれたのですから。
 散歩道で、村人たちと行き会うと、「いやあ、まったく、今年の寒さにはまいったね」と、異口同音にも、これが挨拶代わりになりました。でも、暖かい陽射しにさそわれた人々は、だれもがうれしそうです。
 実は、個人的に、春はちょっと苦手なんです。どういうわけか、自分自身の難題課題が、毎年3月に集中してしまい、昨春はそれが、個の問題にとどまらず、未曾有に拡大したこともあり、ついつい身構えています。そんな時期に二羽のメジロを目にして、もうひとつの春に、ほっと頭のゆるむ午後でした。

                              りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード