ちらし寿司の至福

 恥ずかしながら、今まで一度もひな祭りを祝ったことがありませんでした。理由というか、言い訳はいくつもあります。
団地で育ったので、ひな壇を飾るスペースがなく、同時に実家にはひな祭りの文化はなかった、それでも結婚したときにもってきたお内裏様の小さな人形は早々に髪がぬけ、劣化してしまったこと、そして娘に恵まれなかったので、ひな祭りがますます遠のいたこと。世の中の多くの家庭で、ひな祭りにちらし寿司をつくることさえ、まったく知らなかったのです。
 それが今年、なんの感化か、ちらし寿司をつくってみたくなりました。具を煮たり、錦糸卵やでんぶを準備したり、なかなか手間のかかる一品なのですが、飯台に酢飯を広げると、甘酸っぱい香りが漂って、いたく報われた気もちになれました。こころの余裕があってこそできるお寿司なんですね。
 3月3日の昼、たまたまおいでくださった3組のご夫婦とともに、総勢8名で初のひな祭り、ちらし寿司を味わうことができました。もちよってくださったオカズの数々もにぎわしく、ひな人形はなくとも、ひなびたホスト役もいたりして、話題豊かなひとときでした。
 おおぜいの食卓に似合う、ちらし寿司のもたらす至福は、文字通り味わい深いものでした。

                                         りすママ
 
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード