渡り鳥よ、今いずこ?

 毎年、4月の下旬から5月のはじめ、東南アジアから渡ってくるオオルリやキビタキなどの渡り鳥は、桜の花の蜜が大の好物です。桜の開花時期に間にあえば、運がいいのですが、桜の開花が例年より早い場合、渡り鳥が到着したときには、すでに桜が散っていて、住人共々がっかりということになります。
 この10年間、早すぎたり、おそすぎたりとすれ違いが多く、鳥と開花の時期がなかなか一致しないので、待つ身ははらはらします。
 渡り鳥は今ごろ、どこの海上でしょう? 桜の開花がおくれているのを、もう感知しているでしょうか? となれば、GWあたりには、運よく到着早々に、花の蜜にありつけるかもしれません。
 ヤマガラやシジュウカラなどの留鳥の数は、昨年に比べて若干多いように感じます。ゴジュウカラは見ませんが、カケスやコゲラ、アカゲラ、アオゲラなどはよく鳴いていますし、リスも2,3匹で追いかけっこをしています。昨年の4月とは、明らかにちがって、森はにぎやかです。
 巣箱では、営巣もはじまったようですし、あと一ヶ月もすれば、この周りは渡り鳥やヒナたちの鳴き声で、寝坊はできなくなります。
 渡り鳥のコースやメカニズムは、解明できないことが多いとききますが、はたして昨年と同じ子が飛来してくるのか、それとも新人さんなのか、やはり待ち人には全くわかりません。
 旅の土産話も、聞いてみたいところですが、それもすべて謎です。ただ、東南アジアから渡ってくる野鳥たちは、そのほとんどが、標高の高い富士山麓、軽井沢、そして奥日光の、日本三大野鳥生息地に分散するというのは、確かなようです。
 群れの中で、なにを基準に、だれの選択で分散するのか? おりたった地点の地理や環境を、いったいどうやって身につけていくのか?  
 今年こそは、その謎のひとつでも、のぞいてみたい気がしますが、いかがなものでしょう? 一羽でも、そっとおしえてくれそうな子がいたら、花の蜜、いっぱい集めて待っていますよ~~ って・・・・簡単に言えないのが、人間のもどかしい身の上です。

                                    りすママ
スポンサーサイト
プロフィール

marubaba

Author:marubaba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード